宇和島ハワイアンフェスティバル2017

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
毎年恒例となった宇和島ハワイアンフェスティバル2017に行ってきました。

えひめ丸事故を風化させないことを目的に始まったこのイベントもはや7回目になりました。
そして昨年からは6月第1週のイベントとなりました。
宇和島に夏の始まりを告げるイベントとなってきています。

幟

開会式で登場したのは3体のゆるきゃらです。
伊達にゃんよ、ダークみきゃん、国体みきゃんの組み合わせ、本当にレアな3ショットです。

ゆるキャラ登場

会場のきさいや広場には数多くのハワイアンショップが出店しました。
色鮮やかな商品がたくさんあります。
見ていて楽しいですね。

ハワイアンショップ

その中でも私が惹かれたのがこちらの七色のゼリーです。
見た目も味の方もVery goodでした。
でも作るのは大変そうです。グラデーションを出すのにはテクニックがいるような感じがします。

七色ゼリー

ステージです。
今年もアップテンポなものからゆったりしたものまで様々なフラを楽しめました。

ステージ1

ステージ2

あれ!ステージにダークみきゃんが!

ダークみきゃん登場

というような場面もありましたが、すばらしいステージを今年も楽しむことができました。

ステージ3

こちらは男性と女性のフラチームがステージに並びました。
男性の力強さと女性のしなやかさの対比がよくわかりました。

ステージ4

そしていよいよフィナーレです。
みんなで輪になって気持ちを一つにしていきます。

輪になって

そして、最後は集合写真で締めくくりました。

記念写真

このイベントをきっかけに宇和島市とホノルル市との交流が一層盛んになっています。
この流れをより大きくしていくことが大切だと思いました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

こもフェス2017 JAZZ LIVE IN こもてらす

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
6月3日に開催された「こもフェス2017 JAZZ IN LIVE IN こもてらす」に参加しました。

ハワイの熱気漂うきさいや広場を通って、新内港からフェリーに乗ります。

出発

ほどなくして、九島大橋の下をくぐります。

九島大橋パス

しばらく、心地よい海風を受けて航海します。
細木運河が近づいてきました。

細木運河

会場のこもてらすに到着しました。
今年は、観客は陸側で見物し、演奏者は海に張り出したステージで演奏します。
昨年と異なる形式でした。

こもてらす到着

席に着いてしばらくして、岩ガキが運ばれてきました。
どうです、この大きさ。
味の方もVery Good でした。

岩ガキ

そして、メインの料理です。
蒋渕いっぱい(komobuchiful)でした。
目で楽しんだあとは、舌で存分に楽しみました。

豪華な料理

LIVEもすばらしかったです。
こちらは宇和島市吉田町奥南地区で活躍している「奥南のコトバンド」です。

奥南のコトバンド

こちらは松山を中心に活躍している「Jaskey Organ Trio」です。

Jaskey Organ Trio

出航の時間になりました。
こもてらすでは、多くの地元の人たちが手を振って見送ってくれました。

さよーならー

今年も天気に恵まれ、おいしい料理とライブを楽しむことができました。
平成29年の夏も幸先の良いスタートを切ることができました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

ぎゅぎゅっと愛南!夏の陣

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
愛南町で開催された「ぎゅぎゅっと愛南!夏の陣」のイベントに行ってきました。

このイベント、昨年までは「愛南びやびや祭り」として知られていましたが、
今年は愛南漁業協同組合御荘支所の新オープンを契機にリニューアルしました。
そして、開催場所も愛南漁業協同組合御荘支所の前に変更になりました。

ゲート

午前9時前に会場に到着しましたが、もうすでにこの行列!
愛南町の新鮮なかつおの人気の高さを物語っています。

大行列

今回はプロレスリングで開会式が行われました。
なぜプロレスリングかっていうと、この後にわかります。

開会式

高らかにクラッカーを鳴らして、イベントの開幕です。

クラッカー

私は開会式を見物していたため、行列に並ぶのが少し遅くなりました。
暑い中、わら焼きたたきを作ってくれているスタッフに感謝です。

藁焼きたたき

30分ほど待って、待望の海の幸をGETしました。
まずは、色とりどりのお寿司です。
目でも楽しめます。そのあとは舌で存分に楽しみました。

お寿司

こちらは、かつおのたたき。

かつおたたき

かつお丼です。
濃厚な味付けでした。
いや~満足、満足。

かつお丼

そして、今年はひおうぎ貝もGETできました。
昨年は大行列で断念しましたが、今年は絶対食べるんだという強い意志で待ち続けました。
味の方も格別でした。

ひおうぎ貝浜焼き

さあ、愛南のかんきつも味わいました。
こちらは愛南ゴールドのアイスクリームです。
これからの季節にはなくてはなりません。

愛南ゴールドアイス

こちらは、しぼりたての愛南ゴールドのジュースです。
風呂上りの一杯にはもってこいの味です。

愛南ゴールドジュース

ステージショーでは、南予を中心としたゆるキャラ達が集まってくれなした。
万歩計ダンス選手権では、どのゆるキャラが一番動くかを競い合いました。

ゆるキャラ3

ゆるキャラ2

ゆるキャラ1

会場は、海がすぐそばにあります。
海の色も夏色になってきました。
えひめ国体のデモンストレーションスポーツとしてマリンスポーツの体験コーナーもありました。
写真はバナナボードです。
(少し小さいですが・・・)

マリンスポーツ

さて、ステージに用意されていたプロレスのリングでは
大阪の堺中央市場から来てくれた「海鮮プロレス」のショーがありました。
子供たちと一緒に地元の水産物のPRをしたり、海鮮ネタを使ったプロレスを繰り広げたりと非常に盛り上がっていました。

海鮮プロレス1

海鮮プロレス2

愛南町の初夏の味覚のかつおと愛南ゴールドを存分に味わうことができました。
これからも末永く続いてほしいとそう思いました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

宇和海からの贈り物 4

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
毎回好評(?)の贈り物シリーズ、今回は宇和海からの贈り物を紹介します。

宇和海の風景

4回目になる今回は今が旬の
ひじき
であります。

ひじき

今回作るのは定番料理のひじきの煮物であります。
材料は、ひじき、にんじん、油揚げです。

材料

ひじきをよく洗って水で戻します。
その間に油揚げはお湯の中に入れて油抜きをします。
油抜きが終われば、千切りにします。
にんじんは千切りにします。

下ごしらえ

下ごしらえができたら、鍋にごま油を熱して、材料を炒めます。

調理1

十分火が通ったら、水と煮物調味料を加えてグツグツ煮ます。

調理2

器に盛って、はいできあがり。

出来上がり

ひじきの煮物は栄養たっぷりの和食料理の代表格であります。
宇和海産のひじきを使ってぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

佐田岬先っぽ散策

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
今話題の佐田岬の先っぽを散策しました。

駐車場入り口

駐車場に車を停めて、山道を歩いていきます。

散策路

しばらく歩くと視界が広がってきました。
見えてきたのはキャンプ場跡地です。
私もかつてここでキャンプをしたことがあります。
平成5年の冷夏長雨の年でした。悪天候の中よくやったものだと思います。

キャンプ場跡地

しばらく歩くと、椿山展望台にの入り口にたどり着きました。
まずは展望台に行ってきます。

椿山展望台入口

佐田岬半島には随所に豊予要塞の跡があります。
こちらは、探照灯格納庫跡です。

探照灯格納庫跡

椿山展望台に到着しました。
今日は天気がいまいちだったので、対岸の大分県佐賀関の煙突はよく見えませんでした。
小休止して灯台を目指します。

椿山展望台から灯台

灯台の前に到着しました。
急な階段を上がって行きます。

灯台へ

灯台の下に到着しました。
四国最西端の碑があります。
4月からはより西側の御篭島(みかごしま)エリアが整備されたため、さらに先に行くことができるようになりました。
御篭島に向けて歩いていきます。

灯台からの眺め

こちらは三崎漁業協同組合の蓄養池跡です。
中をのぞいてみると魚が泳ぐ姿が見えました。

蓄養池跡

さて、この4月にオープンした御篭島エリア到着しました。
こちらは戦争の歴史を後世に伝えることを目的に、豊予要塞の跡を整備しています。

砲台跡1

砲台レプリカ

砲台跡2

広場には灯台を模したモニュメントもできました。
間からのぞくと、灯台が入る仕組みになっています。
新しい佐田岬の風景として定着していってほしいと思います。

御篭島

今回は往復で1時間ほど歩きました。
そして、昼食は伊勢海老の味噌汁定食を食べました。
どうです、このボリューム。
味噌汁も濃厚な伊勢海老のうまみが出ていて本当においしかったです。

伊勢海老の味噌汁定食

佐田岬灯台は今年初点灯から100年目を迎えて、多くの観光客が訪ねています。
機会があれば、佐田岬の先っぽを訪ねてみてはいかがでしょうか?
ただし、三崎港から先の県道は幅が狭い箇所が多いので車の運転には十分注意しましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報