コスモス

宇和島市三間町のコスモスが見頃を迎えています。
1_20161104231432999.jpg

成家地区のハート形の植栽
写真右下に腕を伸ばしている人影が…
2_20161104231434e7d.jpg

大藤地区の太陽でしょうか?
3_20161104231434b56.jpg

11月6日(日)に開催される「みまコスモスまつり」の会場です。
4_2016110423143665a.jpg

ん!ひまわり?
5_20161104231437d15.jpg

6_20161104231449bc0.jpg

今年の「みまコスモスまつり」の臨時駐車場は「道の駅みま」の前に用意されているそうです。
臨時駐車場から会場まで無料巡回バスが走るようです。
例年臨時駐車場となっている、三間小・中学校へは無料巡回バスは停車しないということですので
注意してください。

以上ニコでした。

【終了】九島大橋ライトアップ

こんにちは
九島大橋ライトアップについては「こうちゃんたかちゃん」が何度か記事にされてますが
私も遅ればせながらライトアップを見に行ってきました。
というか8月31日の最終日に見納めということで行ってきました。

小福浦方面からの遠景
1_20160908231340d11.jpg

橋までたどり着いて三脚を持参してないので地面に直置きで
2_201609082313418ff.jpg

手持ちでブレブレの写真ばかりの中で比較的マシな一枚を
3_201609082313459bb.jpg

今年の夏も暑かったですが
朝晩は涼しくなって少しずつ秋の気配ですね。

既に食欲の秋全開のニコでした。

西海ブルーの世界

残暑お見舞い申し上げます。
今年は(も)立秋を過ぎても猛暑が続いています。
そこで、皆様を美しい海の世界にご招待します。

その場所は、愛南町(旧西海町)沖の宇和海です。
この辺りは、黒潮の支流が流れ込むことから、美しい熱帯魚やサンゴを見ることができます。

水中展望室のあるユメカイナ号に乗ってさあ出発です。

ユメカイナ

沖合に出た後、水中展望室がゆっくりと下がっていきます。

海中へ

目の前には、西海ブルーの美しい海の世界が広がってきました。
ソラスズメダイやテーブルサンゴなど熱帯の生物が数多く見られました。

海の風景1

海の風景2

海の風景3

海の風景4

少し見づらいところもありましたが、西海ブルーの世界を満喫していただけましたでしょうか。
水中展望室がゆっくり上がってきて、帰路に向いました。
沖に見えるのは鹿島です。
こちらもマリンレジャーで人気のスポットです。

鹿島

西海ブルーの世界お楽しみいただけましたでしょうか。
これからも、この美しい自然を守っていくことが大事だと感じました。

以上、クルーズ大好きのこうちゃんたかちゃんでした。


宇和海クルージング2016

8月13日(土)
宇和海クルージングに参加しました。

当日だめもとで観光協会に電話したら、空きがまだあったのでその場で申し込みしました。
時間は18:30~20:00
九島大橋のライトアップを船上から見ることができると大きな期待を持って船に乗り込みました。

出発

18:30定時に出発です。宇和島市の市街地が遠く離れていきます。

出発進行

九島大橋が見えてきました。
これから九島の西側に向います。

九島大橋

九島の北西側で日没の時間になりました。
しばし停泊して、夕日の美しさに見入っていました。

夕日

九島沖に浮かぶ島です。

島

九島大橋の下をくぐって、橋の北側で停泊してライトアップの時を待ちます。

九島大橋通過

坂下津側が点灯しました。

ライトアップ1

九島側も点灯しました。

ライトアップ2

両端だけ点灯している状態です。
しばらくこの状態が続きましたが・・・

ライトアップ3

中央部も点灯しました!
これで完成形です。
海上から見るイルミネーションもまたすばらしいですね。

ライトアップ4

20:00に宇和島港に帰着しました。

帰着

今回のクルージングは九島の周囲を一周するコースでした。
海上から九島大橋のライトアップを見ることができ、またとない経験ができました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

線路は続くよどこまでも2015

こんにちは、こうちゃんたかちゃんです。
今回は、平成27年6月20日に全線開通70周年を迎えた予讃線を紹介します。

予讃線は昭和20年6月20日に八幡浜~卯之町間が開通し、高松~宇和島間全線が開通しました。
以降、四国の鉄道の大動脈として多くの特急列車が走るなど重要な役割を果たしています。
それでは、予讃線の南予の区間である伊予立川・喜多灘~宇和島の風景を紹介していきます。

まずは、予讃線の南予の入口の伊予立川駅です。
ホームにはトンネルをくぐって階段を上っていきます。

伊予立川駅

ホームからの眺めもなかなかいいですね。
通過列車には注意しましょう。

伊予立川駅ホーム

つづいて内子駅です。
昭和61年3月の内山線開通と同時に高架駅になり、特急、急行列車も停まるようになりました。
ちょうど、アンパンマン列車が宇和島に向けて出発しているところを撮ることができました。

内子駅

高架駅になっても駅舎は和風建築です。これは他にはないケースです。
左隣は観光案内所の旅里庵です。

内子駅近景

駅前広場にはSLが展示されています。かつての内子線で活躍していたSLです。

SL

つづいて、喜多灘駅です。
この駅は伊予市双海町と大洲市長浜町にまたがっています。
中央部の川が境界になっています。

喜多灘駅入口

ホームには階段を上って行きます。

喜多灘駅

伊予市の五色姫と大洲市のるり姫の両方の看板が建っています。
なかなかしゃれた看板です。

喜多灘駅(看板)

つづいて、伊予長浜駅です。
内山線開通までは急行列車も停車していましたが、今は、普通列車のみになってしまいました。
駅も無人駅になってしまいました。

伊予長浜駅

ホームには長浜大橋(赤橋)の国重要文化財登録を祝う幕が掲げられていました。
赤橋はこの駅から徒歩で行けます。

伊予長浜駅(ホーム)

伊予大洲駅です。予讃線の海回り線と内子線の分岐駅です。

伊予大洲駅

伊予灘ものがたりです。松山から海回りで大洲・八幡浜を走る観光列車です。
停車中のところを撮ることができました。

伊予灘ものがたり

大洲といえば肱川の鵜飼いが有名ですね。
ちょうど鵜飼いの季節ということでホームには鵜飼の模型が展示されていました。

鵜飼

伊予大洲駅を出発後に肱川を渡ります。
向こうに見えるのは大洲城です。絵になる風景です。

肱川と大洲城

八幡浜駅です。70年前はこの駅が終点でした。

八幡浜駅

八幡浜駅の待合室です。
伊予灘ものがたりの運行に合わせて新しくなりました。
レトロな感じがいいですね。

八幡浜駅(待合室)

天井には大漁旗が掲げられています。さすが水産業の街八幡浜です。

大漁旗

そして、八幡浜といえばちゃんぽんも忘れてはいけません。
はまぽんも駅入口で歓迎しています。
あ~ちゃんぽん食べたくなった・・・

はまぽん

夫婦岩付近です。
撮影の準備をしていたら特急列車が通過してきたのであわてて撮りました。
ナイスショット!

夫婦岩付近

卯之町駅です。内子駅同様に和風建築が素晴らしい駅舎です。

卯之町駅

今回の予讃線全線開通70周年を記念して、松山~宇和島に各駅停車の臨時列車「ええとこ南予!がいな町並み号」が運行されています。
興味のある方は是非乗ってみましょう。
詳細はJR四国のHPを参照ください。

記念列車

ヘッドマークも八幡浜~卯之町の開通を図案化したデザインになっています。

ヘッドマーク

今回の全線開通を記念して八幡浜~卯之町の駅に幟が立てられています。

幟

法華津峠を走る特急「宇和海」です。
この辺りは車窓から宇和海の見える数少ないポイントです。

法華津峠

伊予吉田駅です。みかんの街だけあって駅舎もオレンジ色を前面に打ち出しています。

伊予吉田駅

さあ、終点の宇和島駅です。予讃線の旅はこれでおしまいです。

宇和島駅

1番ホームには時節柄たくさんの風鈴が飾り付けられていました。夏の風物詩になっています。
停車しているのは予土線の鉄道ホビートレインです。

宇和島駅1番ホーム

駅前広場には闘牛の像とSLの像があります。
日頃は急ぎ足で通過してしまいがちですが、時には歩みを停めてゆっくりと眺めてみるのもいいかもしれません。

闘牛像

SL像

全線開通70周年を迎えた予讃線の南予のエリアを駆け抜けてみました。
これを契機に予讃線の素晴らしさを再認識していただければ嬉しく思います。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。