四国自然歩道(四国のみち) 環7肱川沿いのみち その2 十夜ヶ橋

前回の記事(北只バス停~十夜ヶ橋)はこちら

261028001.jpg
56号をしばらく進むと霊場十夜ヶ橋に着きます。


261028002.jpg
大洲道路が頭上を通りまるで日本橋のような雰囲気です。


261028003.jpg
すぐそばには別格20霊場八番札所永徳寺があります。


261028004.jpg
十夜ヶ橋は、空海(弘法大志)が修行中この橋の下で野宿された際、一夜が十夜のように感じ
「ゆきなやむ 浮世の人を渡さずは 一夜も十夜も 橋とおもはゆ」
と詠んだことから名づけられました。


261028005.jpg
現在でもお遍路さんは、橋の下で寝てられている弘法大師さまに失礼にならなよう、橋の上を通るときは杖を突かないそうです。
橋の下には、弘法大志さまの石像があります。


261028006.jpg
四国のみちは、十夜ヶ橋を渡り川沿いに進みます。  
【ぴろぴろ】

スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する