JR四国 「しまんトロッコ」 デビューです!

こんにちは。
今回はJR四国のトロッコ列車「清流しまんと号」リニューアルについて紹介したいと思います。

国鉄初のトロッコ列車として昭和59年にデビューした「清流しまんと号」。
来年の平成26年には運行30周年(!!)を迎えるわけですが、その30周年を前にリニューアルが行われました。

その名も「しまんトロッコ」。
写真はこちらです。
   ↓

01shima.jpg

おっと、肝心のトロッコは後でね・・・

と、いうことで、牽引車両のキハ54形式車両とあわせて、鮮やかな山吹色の外装になりました。

鬼北地域の田園風景、四万十川流域の風景に映える色とのことで、この色になったそうですよ。いい色ですね。



02shima.jpg

その「しまんトロッコ」の出発式が平成25年10月5日(JR宇和島駅で行われました。

出発式には私は行けなかったのですが、南予地方局地域政策課のK係長から写真をご提供いただきました。
K係長ありがとうございます!


03shima.jpg

関係者が出席しての、テープカット。
パチパチ。おめでとうございます。


04shima.jpg

そしてくす玉が割られます。


05shima.jpg

肝心のトロッコはこんな感じ。
山吹色がとっても素敵ですね。



06shima.jpg

座席はこんな感じ。
こちらも山吹色とテーブル・床の木の感じがマッチして落ち着いた雰囲気です。
雨・風除けのビニールも完備。



07shima.jpg

前の車両はこんな感じ。
四万十川沿いを走っていると目立ちますよ。きっと。


そして!走っている姿も見たいな~。と、撮った写真はこちら
                    ↓

10shima.jpg

こちらは松野町真土駅手前の広見川を横切る鉄橋です。

撮影した日(平成25年10月6日)は、松野町の松丸駅でイベント(ぽっぽ音楽祭)があった関係なのでしょうか、3両で走っていました。


11shima.jpg

普段は2両なので、こんな感じでしょうか・・・




12shima.jpg

こちらは四万十町三島の中州付近

四万十川に架かる沈下橋と鉄橋が両方見られる絶好の場所です。


15shima.jpg

こちらは、四万十町の半家~十川の風景。

「しまんトロッコ」でのんびりと四万十川の景色を楽しむのもいいですね。

このしまんトロッコですが、今年(平成25年)の運行日は、
10月11月の土日祝日
10/5、6、12~14、19、20、26、27
11/2~4、9、10、16、17、23、24、30
です。

1日1往復で、
上りの「しまんトロッコ2号」は、宇和島駅を11:32発

下りの「しまんトロッコ1号」は、窪川駅を15:01発となっております。


トロッコ車両のみ指定席となっておりまして、
座席指定券は、大人 510円、小児 250円です。

予土線ですが、この「しまんトロッコ」をはじめ、「海洋堂ホビートレイン」も走っておりますし、
来年の予土線開通(宇和島~近永間)100周年には、なんと「日本一遅い新幹線」(失礼っ・・・でも予土線のイメージには合ってていいんじゃないでしょうか。)の「鉄道ホビートレイン」も走ることになっておりまして、賑やかになりますね。

皆さんも是非一度予土線に乗って、四万十沿線の豊かな自然と、のどかな風景に癒されてください。
GONでした。

ブログランキングに参加しています。下のバナーを1日1回クリックしていただくとランキングが上がり励みになります・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント

きゃー

四国は山の風景が最高やね!
レトロな山吹色が映えているのも絵になりますね。
ゴトゴト揺られて運ばれたいですー。こんなところ走れて羨ましい^_^

No title

いそかさん、コメントありがとうございます。

予土線から見える山と川、田園風景は、ほんとうにのどかです。
宇和島から江川崎までは、速度もゆっくり…というのもいいですね。
是非機会があれば、揺られに来てください!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する