九島サイクリング【後編】

「九島探検サイクリングワードラリー」の続きです。

「ニホンカワウソが保護された場所」から移動することしばし
GODZILLA出現
「ゴジラ岩」だそうです。
長年の波の浸食で出来上がったのでしょうか?
なかなかの迫力です。
10_20131001230400106.jpg

ゴジラ岩の近くには
こちらは「モスラ岩」だそうです。
9_20131001230359a60.jpg

ゴジラ → モスラ ときて
こちらは「ガメ岩」だそうです。
ガメラです。
この辺の話題についてこれるのはオジサン世代以上ですかね。
11_20131001230519bdb.jpg

半島と島々が織り成す景色はまさに風光明媚のひとこと
写真ではこの美しさは表現できません。
少なくとも私には無理です。
是非、一度九島に訪れることをおすすめします。
12_20131001230521725.jpg

13_201310012305226ec.jpg

14_20131001230523ceb.jpg

サイクリングワードラリーはまだまだ続きます。
ワードラリー…
ワード…?
15_201310012305259e5.jpg

そうです。
九島を一周するにあたり7箇所のチェックポイントがあり
1箇所に1文字ずつ文字が隠されています。
そして7箇所すべてを回って繋ぎ合わせると、一つの言葉が出来上がります。
9月30日付けの某新聞にはその内の1文字が大サービスで掲載されていたことは内緒ですよ。
16_201310012305507c8.jpg

ヨットが何艇も見えました。
その向こうは赤松遊園地です。
17_2013100123055238b.jpg

こちらは弘法大師ゆかりの鯨大師です。
正式には遍照山願成寺(へんじょうざんがんじょうじ)というそうです。
願成寺→願いが叶う寺
「英語で言うとDream come trueです。」と説明を受けました。
そして「叶う願いはひとつだけ」とも。
願いが叶うならひとつで十分です。

かつては40番札所観自在寺の奥の院であった時代もあるとのこと。
18_20131001230554e6f.jpg

少し高台にある「望橋園」です。
19_20131001230555a97.jpg

そして望橋園からの眺め
対岸の戎山では九島大橋(仮)の工事が見てとれます。
あと数年もするとここからの景観は大きく変わることでしょう。
20_20131001230557ba2.jpg

蛤近辺から鬼ケ城連山を望む
21_20131001230616b64.jpg

と、先に進んでいくと
先行している人が数名止まっているのが見えたので
次のチェックポイントかと思ったらお茶のサービスでした。
「お茶いかがですか?」
「はい、遠慮なくいただきます。」
・・・???!!!!
どうしてここに?
以前お世話になったH氏に数年ぶりに再会
しかし、九島在住ではなかったはず。

帰りのフェリーの出港時刻が近づいていたため長話は出来なかったのですが
九島に家を購入し定住
九島の住民としては新米のよそ者ではあるけれど
よそ者だからこそ見えてくる九島の良さをPRしていきたい。
とのことでした。
ポジティブ思考は相変わらずです。なつかしー
ハーブティーごちそうさまでした。
22_20131001230618eed.jpg

九島滞在時間は約2時間半
ゆっくりマイペースのサイクリングでしたが
次はもっと、ゆったりのんびりと九島時間を味わいたい
そんな魅力のある島です。
23_20131001230619b28.jpg

そして宇和島港へ帰着
お疲れさまでした。
24_20131001230621b8c.jpg

今回はマイ自転車で参加のため、車に積み込みました。
25.jpg

最後に
九島の魅力はブログでは十分にお伝えすることは出来ません。
是非、この機会に「九島探検サイクリングワードラリー」に参加されてみてはいかがでしょうか?

ニコでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:日本全国ガメラな風景 2013/10/15

 前回の更新、「 ガメラの風景 /10/01 」に続いて、 ガメラ岩やガメラ島など自然の風景、またガメラな建造物・モニュメント、街角で見掛けたガメラなどについての情報をご紹介しております。  「 /08/08 」でのご紹介に続いて、 街中のガメラ、今回は大物です: 『 今日...