ひきつづき、宇和島藩伊達家ネタです

はじめまして。
今回よりブログ投稿初参加、宇和島市民歴5か月の「柚子たると」と申します。
至らない点も多いかと思われますが、よろしくお願いいたします。

今回は、ひきつづき宇和島藩伊達家がらみのイベントレポをお送りいたします。





まず、9月7日(金)より伊達博物館にて開催中の秋期特別展「政宗見参!」に行ってまいりました。

中は撮影・スケッチ等は禁止なので文字のみでお送りいたします。ごめんなさい。
実際どんな感じか気になる方はご自分で足を運んでみてくださいませ(あざとい)

宇和島藩初代藩主はあの仙台の独眼竜・伊達政宗の子ども、という縁で
仙台から、伊達政宗ゆかりの貴重な品々が宇和島にやってきました!
ということで、いくつか挙げさせていただきますと

・黒漆五枚胴具足(伊達政宗といえばこれ。あの有名な三日月の前立ての兜と漆黒の鎧です)
・伊達政宗の書状(本人自筆のお手紙。小田原参陣のころに書かれたもの、初代宇和島藩主となった息子・秀宗とのやり取りによるものなど、御本人の人柄が出ている貴重なものです)
・黄金のブローチ(瑞鳳殿発掘資料だそうです)
・大脇差 大和守安定(黄金と伊達家の家紋で飾られた、豪華な幅広の脇差)

などなど。漢字表記はパンフレット参照です。

ほかにも、秀宗自身が使っていた鎧(伊達ワールドにて、にゃんよがコスプレしてます)や、教科書でおなじみの豊臣秀吉の肖像画など、安土桃山時代から江戸時代にかけての貴重な品々が展示されていますので、日本史好きの方はぜひどうぞ。


字ばっかりでは閲覧者の方も退屈かと思われますので、おまけです。
夜の天赦園って、みなさん行かれたことはありますか?

夜の天赦園1

今月(9月)の土曜日の夜だけ、期間限定で「キャンドルアートナイト 夜の天赦園 竹灯籠」という
イベントだそうで、同日の夜、行ってきましたよ。

夜の天赦園2

私の携帯電話内蔵のカメラの画像ではいまひとつ伝わっていませんが、竹筒の中で揺らめく蝋燭の火が水面に反射してとてもきれいです。
土曜日の18時から21時までと限られた時間のみの開催ですが、静かな秋の夜を風流に過ごしたい方におすすめです。
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する