うわじま牛鬼まつり(番外編) です。

 こんにちは。 今回は、しお噴く魚さんが走り込みを投稿されていますが、じじいもちょろちょろうろついておったので、うわじま牛鬼まつりの 番外編 を紹介します。

CSC_0201[1]

 まず、はじめは、こちら・・・夕暮れの宇和島港内です。 ってなんもない・・・

CSC_0203[1]

 訳ではなく、23日の海上花火大会です!

 打ち上げ数は、どっどんと約5500発! 

 第17回オールカマーフェスタの会場でアルコールを充填したじじい。

 フラフラになりながらと40分ばかり歩いて、打ち上げ場所の反対側まで^^;)

CSC_0211[1]

 夏はやっぱり花火ですね。

 いろんな色の花火がきれいです。

CSC_0206[1]

 海上だけに、海に映る花火も乙なものですね。 

CSC_0208[1]

 海上から上がります。何だかクジャクの羽にも見えるような・・・

CSC_0263[1]

 そして、24日の最終日。しお噴く魚さんが海上から。じじいは、陸上部隊で 走り込み を見ていました。

 しかし、牛鬼まつりを初めてみるじしい。ものの流れが分かりまへん。

 和霊神社前の真ん中で短いライトセーバーを振っているおじさん、この後、一刀両断的に「ここから向こうへは渡れません、下がって下がって」っとロープを張り張り。

 あれ? ということは正面から見れんの・・・・_ _;)

CSC_0260[1]

 気を取り直して、反対面の見物客の最後列から背伸びしながら観覧開始!

 何やら黒っぽい牛鬼やら提灯が見え隠れします。・・いろんな神輿が入って来ているようです、が何がなんだかわかりません。

 っと しお噴く魚さんの記事で会場の様子を知ることができました^^)。

CSC_0259[1]

 和霊神社から出てきた白い牛鬼と反対側から来た神輿

 なんだか、橋の上で牛鬼が渡るのを遮っているようで、押し合いへし合いした後、牛鬼は神社の中に戻っていきました。

CSC_0266[1]

 茜色の~シルエット~♪(ちょっと古すぎです・・・) やっぱり反対側から見てしまったんですね_ _;)

 シルエット越しに御神竹をのぼり御幣を取りに行く若者。援護に上がるもう一人。

 盛り上がりますね~!!! 残念ながら、今年は、御幣を取れなかったようですが、想像以上に躍動的で幻想的!

 まだ見たことがない方、何十回も見られている方、来年のうわじま牛鬼祭りも必見です!


 以上、草刈じいさんでした。


 更新の励みになりますので、気に入って頂ければ ポチっとな!



 ↓ わっしょい ポチッ!


スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する