パティスリー縁(その②) です

 こんにちは。今回は、鬼北町にある パティスリー縁(えにし) さんを紹介します。

 と言っても南予ブログで紹介させてもらうのは、八の字眉毛さんの記事(こちら)に続き2回目でございますな。

 ほいだら何が違うんや!

CSC_2588[1]

 やはり旬ということで、こちらのメニューに・・・また、さくらかいっ!

 はい、花見をしながらスィーツを食う・・・であります。

CSC_2587[1]

 店内でございます。

 外見・内装ともに古民家風で、黒光した廊下や張りといい、じじいのじいちゃん家(ややこいですが)を思い出します。

 ここに掘り炬燵なんかあったらまさに・・・・。あっいや話がそれました。 

CSC_2589[1]

 まずは、一品目、広見たまごのプリンです。

 地元の養鶏農家(広見鶏卵)さんの卵を使用して、クリームっぽい表層からとろとろの中身がこぼれ落ちそうです!
 
 味は濃いほうかなと思いきや、以外にあっさりでおいしい!

CSC_2592[1]

 お次は、木綿豆腐・・・・ではなく、レアチーズケーキです。

 包んでいる半透明なラッピングとケーキの色が同化してしまうほど、白い。

 こちらもあっさり味で、まるでふわふわのクリームを食べているような食感のケーキでございます。

CSC_2590[1]

 さぁやっとメニューにあった一品に。 さくらろーるです

 メニューボードのお値段は、ロール一本分なので、カットは252円なり。

 さくら餡と生クリームをお茶(ほうじ茶?)の生地で包んであります。

 生地はこりゃまたふわふわ!

CSC_2591[1]

 そして、真打登場! もしドラです。

 ・・・・いえ、さくら蒸しどらです

 さくらロールと同じ餡子あんどクリームを、こりゃまたまたふわふわの蒸しケーキ生地で挟んだ一品。

 ロールも蒸しどらも、さくら餡と生クリームを混ぜ込んだクリームが、

 今までにない食感と程よい甘さを生んで んまいこと、んまいこと!
 週末は、お花見しながらスィーツなんて如何でしょうか?
 

 以上、草刈じいさんでした。 


ブログランキングに参加しています。ブラボー!!と言って頂けたら下のバナーを1回”どん”っとクリックして下さい。


 更新の励みになりますので、気に入って頂ければ こちらも1回”どっどん”とクリックして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する