ハイウェイフェスティバル2012(番外編) です

 こんにちは。今回は、ハイウェイフェスティバル2012の 番外編 です。

 イベントの内容は、前回の記事でニコさんが紹介されておるので、ちょっとだけ視点を変えまして。

 ニコさん同様、黄色軍団 団員ナンバー64のじじい も微力ながら応援のため「走路観察員」として出動したしだいです。 

CA3D0534[1]

 その場所は、こちら! グビッと「中組第一ビール」・・・・いえいえ、「中組第一ブリッジ」です。
 
 三間ICを過ぎ宇和島高串方面へ向かう途中にある橋で、今回は、サイクリングのシャカリキコースを選択していないと、このポイントは通れませんでしたな。

CA3D0532[1]

 誰も知らない素顔の矢代亜紀・・・・ 誰も走らない出来立ての高速道路 です。

 宇和島方面に向かって緩やかな下り坂が続きます。

CA3D0539[1]

 その橋から見る景色は、県道57号線です。

 宇和島から三間・鬼北町方面へと抜ける車通りも結構多い道路で、じじいもよく利用しております。

 この日はよ~く目を凝らしてみると、まだ開会式まで時間のある頃でしたが、ロードレーサーの方や地元の中高生のおにいちゃん達が会場に向かって走っているではありませんか!

 こんな所から走っているなんて、ほんと、好きなんですね~。

 と、先ほどから気になっていたのですが、じじいの視界に時たま霞がかかります。

 最近、老化の著しいじじい。遂にじじいの目がしょぼくなったか?

CA3D0544[1]

 と思いきや、直ぐ後ろ5mほどの距離に花粉がたわわに実った杉・・・・。

 こりゃぁたまらん!道理で目も鼻もグジュグジュするはず。

 当日は、スタッフの方も走る方も大変だったのではないでしょうか。
 
CA3D0536[1]

 今回、じじいが配置されたのは、シャカリキコース。つまり、スタート地点を通り過ぎた所やったので、スタートの花火が上がっても、当然しばらくは、だ~あれも来まへん。

 と、普段、お金が落ちていないか下ばかり見ているじじい。 橋のつなぎ目に目が行きました。

 そう言えば、いつもは車でビュンと走り過ぎるだけのつなぎ目。こうやって、間近にみるのは初めてじゃ。

 触ってみると、波線の黒い部分はスポンジ状で、柔らか。これで、水分を吸ったり、橋と陸の力を緩衝する役目があるんでしょうな。

CA3D0545[1]

 そして、道路自体に緩やかな傾斜がついていて、片側の地中に雨水が流れる溝がず~っと続いておりました。

 因みに、橋桁には、プレートが埋め込まれていて、設計者などの個人名が記載されています。

 これで「父ちゃんがこの橋作ったんやで~」と子供らに言えるんやな~

CA3D0546[1]

 一番手の方が通過したのは、スタートの花火が上がって約40分後。緩やかに下るせいか、みなさん、ハイスピード!ロードレーサーの走る音は違いますなぁ。遠くからでも「シャー」とも「ジャー」とも言わん音が聞こえてきます。

 シャカリキコースは余分に10km走る行程なので、ロードレーサーの方ばかりかと思いきや、

 ところがどっこい、ママチャリの宇和島市長をはじめ、自転車の車輪よりも小さそうなちびっこ、めっちゃ普段着の中高生などなど、いろんな方がシャカリキコースに挑んでました。

 みなさん、下りの往路では気持ち良さげに走って行きよったので、こちらも何だか楽しげな気分で怪我しないようにと走路観察させてもらいました。(当然帰りは上り、みなさん・・・・はぁはぁ、ふうふう)

 一生で一度のいい記念になったのではないでしょうか。

 
 以上、草刈じいさんでした。


ブログランキングに参加しています。ブラボー!!と言って頂けたら下のバナーを1回”どん”っとクリックして下さい。


 更新の励みになりますので、気に入って頂ければ こちらも1回”どっどん”とクリックして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント

芸術的☆

橋のつなぎ目や側溝の接写?とっても芸術的ですね♪(*^m^*)

コメントありがとうございます

maさん、いつもありがとうございます。

拙者・・・接写ではなく、実は携帯です^^;) レンズ欲しいです・・・

つなぎ目なんて見ることがないんで、何だか新鮮な感覚でした(^^)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する