吉田町 だるまや さんです。

 こんにちは。今回は、吉田町にある和洋菓子 だるまや さんを紹介します。

 場所は、吉田町の商店街にあるこちら

CSC_1885[1]

 店舗前からです。何となく看板の字体は、一昔前の電気屋さんの雰囲気を醸し出していますな。

CSC_1886[1]

 ん? 2枚看板!?  人の名前っぽいけど・・・もしや、南方仁先生の安道名津(あんどーなつ)に続く新商品か?

 しかも、車で訪れると だるまや ではなく、これが最初に目につくんですな・・・。

 じじいは、一度通り過ぎてしまいました。

CSC_1884[1]

 店内を覗いてみると、左側にバウムクーヘンやロールケーキなどの洋菓子が(すみません、分りづらいですが・・・)

CSC_1883[1]

 右側にタルトや和菓子が陳列してあります。店長さんにお聞きすると、洋菓子は高校生などの女性、和菓子は男性客が買っていかれるようです。

CSC_1893[1]

 さて、その中でも今回、じじいのお目当てとした一品は レモンケーキ なるもの。

 おぉぉー 昔懐かしい黄色の包み紙。久しぶりに見ますな。

 だるまやさんでは、作り始めてから35年で、昔は大手のメーカーさんも作っていたようですが、今ではすっかり少なくなったそうです。

 変わらぬ味を作り続けるのも苦労の掛かる仕事ねすよね。

CSC_1897[1]

 レモンの形状をした生地の上に、ホワイトチョコが乗っています。

 お味は、生地がパサパサしているのかと思いきや全く違います。

 しっとり柔らかで、ほんのりレモンの風味 こっ、これはうまい! 画像で生地のきめ細かさが伝わりますかね?

CSC_1887[1]

 そして、興味をそそられた表看板について聞いてみると、昔、この地域で起こった一揆の調停責任を負って切腹し、これを治めた 吉田藩の家老 安藤継明 を祭った安藤神社(お店から20m位離れたところです)を、親しみを込めて、安藤さま と呼んでいるそうです。その神社の名前が和菓子の由来なわけですな。

CSC_1895[1]

 ざんっ、麻里子さまです・・・。 いえいえ、これが 安藤さま です。

CSC_1898[1]

 この安藤さまもしっとりで柔らかで、しっかりと甘みがあります。

 そして、驚くことに、買って直ぐ食べたものより、翌日食べた方が美味しさが倍増しておりました。

 紹介しているうちに、また、レモンケーキが食べたくなりました・・・。


 [だるやま」
   愛媛県宇和島市吉田町東小路甲150
   tel 0895-52-0213
   営業時間 8:00~19:30
     [日] 8:00~15:30


 以上、草刈じいさんでした。


ブログランキングに参加しています。ブラボー!!と言って頂けたら下のバナーを1回”どん”っとクリックして下さい。


 更新の励みになりますので、気に入って頂ければ こちらも1回”どっどん”とクリックして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する