練り香水(ソリッドパフューム)②

前回からの続きです。

練り香水(ソリッドパフューム)の作り方ですが、まず材料を揃えます。
材料
写真左がホホバオイル、写真中央がミツロウ、写真右が精油(エッセンシャルオイル)です。
おいらは、材料を全てインターネットで購入しました。

今回の精油(エッセンシャルオイル)は、南予地方の業者が製造販売した愛媛県産のポンカンを使用します。(他の愛媛県産の精油(エッセンシャルオイル)には、伊予柑や甘夏もありました。)
練り香水を楽しみたい方は、お好みの精油を調合・使用するなど試してみてください。
精油(エッセンシャルオイル)の調合レシピの一例としては、
トップノートに、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ベルガモット、ペパーミントなど
ミドルノートに、ゼラニウム、ラベンダーなど
ベースノートに、、サンダルウッド、イランイラン、ジャスミンなど
が考えられ、トップノート、ミドルノート、ベースノートから選んで組み合わせます。
おいらは、愛媛県産の柑橘をアピールするため、ポンカンの精油のみで作ってみたいと思います。

練り香水(ソリッドパフューム)は、クリーム状の香水で、ハンドクリームのように塗りこむように使用します。肌の保湿・保護と香りが楽しめ、香りについては、自分で精油を組み合わせブレンドして作れること、自作するため香水に使われる原材料がはっきりしており、安心なところが良いと思います。

では、早速、練り香水(ソリッドパフューム)の作り方を紹介します。
手順①
ミツロウを5g、ホホバオイル25mlを計量器で計りビーカーなどの容器に取り分けます。
計量器
家にあった計量器は1メモリが10gだったので、1メモリの半分を目安にミツロウを取り分けました。
ミツロウ5gを容器に取り分ける
ビーカーは持っていないので、湯煎しやすいように上記写真の耐熱容器を用意しました。(耐熱容器は100円ショップで購入しました。)
ホホバオイル25mlを容器に取り分ける
ホホバオイルは計量カップに入れて用意しました。

手順②
湯煎するため、お水を沸かします。
お水を沸かす

手順③
手順①で用意した耐熱容器に入れたミツロウを湯煎にかけて溶かします。
ミツロウ5gを湯煎して溶かす

手順④
ミツロウが溶けてきたら、手順①で用意したホホバオイル25mlを入れて混ぜます。
ミツロウが溶けてきたらホホバオイル25mlを入れて混ぜます

手順⑤
手順④で作ったミツロウとホホバオイルを混ぜ合わせたものに精油(エッセンシャルオイル)を15~20滴を入れてよくかき混ぜます。
ミツロウとホホバオイルを混ぜたものに精油15~20滴ほどを入れます
*精油濃度が高いと肌のかぶれ等の原因となるので、注意が必要。
おいらは作った経験上、精油(エッセンシャルオイル)を15滴から20滴とあくまでも目安として記載しておりますが、これはかぶれ等が起こらない量を保証したものではありませんので、注意してください。
おいらは、精油20滴と25滴で練り香水を作り、妻とそれぞれ手や手首に試してみましたが、妻はなんともありませんでしたが、肌の弱いおいらは25滴で作った練り香水では手首にすこしかぶれが見られました。なので、肌の弱い人が作られるときには、精油(エッセンシャルオイル)は15滴程度で試してみたほうがよいかもしれません。
もし、精油を入れている時に、ミツロウが固まってきたら、もう一度湯煎してください。

手順⑥
手順⑤で作ったものを容器に入れます。
手順⑤で作ったものを容器に入れます
容器は100円ショップで購入しました。

あとは冷まして、完成です。
完成 

*注意!!間違って溶けたミツロウは排水口に流さないようにしてください。すぐに固まり排水パイプの目詰まりの原因となります。

上記で紹介した手順で簡単に練り香水が作れるのですが、めんどくさいと思われた方もいると思いますので、もっと簡単に楽しめる練り香水の作り方を教えます。
それは、ワセリンと精油(エッセンシャルオイル)15滴ほどを混ぜるだけです。
ワセリン
ワセリンを容器に移します。(ワセリンは薬局で売ってます。)
ワセリンと精油(エッセンシャルオイル)を混ぜ合わせる
精油(エッセンシャルオイル)を15滴程度いれて混ぜます。
*精油濃度が高いと肌のかぶれ等の原因となるので、注意が必要。
おいらは作った経験上、精油(エッセンシャルオイル)を15滴程度とあくまでも目安として記載しておりますが、これはかぶれ等が起こらない量を保証したものではありませんので、注意してください。
これが完成品です。
完成

~最後に感想をちょっと~
おいらは、地元業者の精油を利用した練り香水で、自分が香りを楽しみながら愛媛県の柑橘類がアピールできるといいなと思って挑戦したところ、わりと簡単に作ることが出来ました。ただし、家族にはポンカンの香りはあまり評判が良くなかったので、精油の調合や他の精油を利用するなど、これからオリジナルの香りが生み出せるように楽しんでみたいと思います。

以上、三間米大好き、二名っ子の練り香水(ソリッドパフュ-ム)の作り方でした。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント

No title

意外と簡単に作ることができるのですね!

No title

ええ、簡単でしょ。
しかも色々な精油を使うことでオリジナルの香りを楽しめるし、使っている材料も分かっているから安全だし、ぜひ練り香水作りに挑戦してください。
で、香りで愛媛をPRしませんかw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する