滑床渓谷リベンジのリベンジ!?【大(おおくら)の滝】

こんにちは。

1月30日、31日と日本列島を襲った寒波の影響で、ここ愛媛県南予地方もかなりの積雪になりました。

積雪といえば・・・昨年も色々な所の雪の風景をお届けしましたが、今年も・・・と考えていると、1ヶ所どうしても気になる所が出てきました・・・。
積雪ではないですが、寒波といえば・・・凍る滝・・・凍る滝といえば・・・そう滑床渓谷の「大(おおくら)の滝」です。

昨年お試しのつもりで1回行って、ろくに凍ってもいない滝を紹介してしまった「大の滝」・・・。
【前回の大の滝の記事はこちら
今年は1月中旬の寒波の時もかなり凍ったらしいので、今回も期待できるかな?と昨日2月1日に有給休暇を取って取材に行ってきましたのでご紹介します。


01ook.jpg

滑床渓谷までやって来ました。
【滑床渓谷の場所はこちら。目指す大の滝はこの辺りです。】
まずは「森の国ホテル」をパチリ。


02ook.jpg

雪化粧をした森の国ホテル・・・いい雰囲気ですね。


03ook.jpg

さあ!大の滝目指してどんどん行きましょう!

写真は「出合滑(であいなめ)」。
流れが穏やかな水面は凍ってます。


04ook.jpg

雪輪の滝」に到着です。歩き始めて40分程度でしょうか。
今日は積雪で流れが一部しか見えません。


05ook.jpg

落合渕」です。
ツララがハンパじゃないです。


06ook.jpg

さあ、ここから大の滝への登山道です・・・。


07ook.jpg

悪路」・・・昨年の悪夢が蘇ります・・・きつかった・・・。
でも、その経験はしっかりと体に刻み込まれているので(?)今回は弱音を吐かずに登りますよ(!?)


08ook.jpg

登り始めて数分・・・私の前を登っていたと思われる登山者の足跡が雪輪の滝上流方面へと行ってしまいました・・・。
前回私が登った登山道とは方向が違います。
その登山者が大の滝に行ったのか、別の場所に行ったのかよく分からなかったので、私は前回の登山道を忠実に登ることにしました。

しかし、先導者がいません・・・一面真っ白の雪景色です。
仕方が無いので、しばらくは鹿の足跡について登ることにしました・・・(あぶないなあ・・・)

09ook.jpg

本当に一面真っ白で道が分かりません・・・。
前回の記憶を頼りに所々木に結んである赤いテープを必死に探して登って行きます。


10ook.jpg

登ること40分・・・。
なんとか旧トロッコ道まで登ってきました。(昔の木材運搬のトロッコ軌道跡なんですね。)

今回も一安心・・・。ここまで来たらもう迷いません。(迷わないはず・・・)


11ook.jpg

トロッコ道が一部途切れている所まで来ました。
さあ、下りましょう!


12ook.jpg

・・・と思ったら、雪が凄すぎてロープが見つからない・・・。

ま、これだけ雪が積もってたら落ちても大丈夫でしょう・・・。ということで、木につかまって半分ダイブするように下へ・・・。

その後トロッコ道に戻るまで一苦労でした。


13ook.jpg

平坦な道をずっと歩いていると先に行った人の足跡と合流しました。
別の道で大の滝を目指していたんですね。

ついて行っとけば良かったか・・・。


14ook.jpg

トロッコ道ここで終了で、ここから最後の登りです。

ロープを伝ってひたすら登るわけですが・・・。


15ook.jpg

前回の教訓から今回は装備は万全です。
アイゼンも用意しました・・・。(そんなにいいものではありませんが無いよりましということで・・・)
滑る所もあるかもしれないと思いここで装着しました。


16ook.jpg

ひたすら登って行きます・・・本当にきつい・・・。
この辺りにまでなると積雪量もかなり多く、膝上まで軽くありました。


17ook.jpg

前回氷の斜面だった岩・・・。
今回は雪がびっしりでした。

そして・・・

18ook.jpg

ついに着きました!「大の滝」!!

あぁ。見事に凍っていますね。感動・・・。

途中写真を撮ったり、道に迷ったり、雪と戯れたり(?)したため、万年荘の駐車場から2時間かかりました。


19ook.jpg

先に登っていた方とここで会いました。
滑床を愛する会」の方で、その方によると今年の氷結はここ数年で一番見事だとのこと。
【滑床を愛する会のHPはこちら
確かに素晴らしい氷結です。。。

その方はトロッコ道を通る通常の登山道ではなく、登りはきつくなるがやや近道になる登山道を登ってこられたとのことでした。
なるほど~。帰りはそちらを通ろうと思いました。


20ook.jpg

いや本当に素晴らしい眺めです。
写真を撮りながらしばらく眺めていました。・・・多くの方に実物を見ていただきたい!!・・ですが、場所が場所だけに誰でも簡単には無理なので、写真をたくさん載せておきます。
私の写真では十分に伝えきれないかもしれませんが、ご覧下さい。
 ↓
 ↓
21ook.jpg
22ook.jpg
23ook.jpg
24ook.jpg
25ook.jpg
26ook.jpg
27ook.jpg
28ook.jpg
29ook.jpg
77ook.jpg

本当に見事な滝でした。
この時期に来られる際は積雪や凍結などで危険な箇所があるため、しっかりとした装備と万全な体調でお越し下さい。

この後雪の滑床渓谷を歩きましたので、次回ご紹介します。

GONでした。


ブログランキングに参加しています。下のバナーを1日1回クリックしていただくとランキングが上がり励みになります・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント

No title

うわーすごい感動です。
愛媛にもこんなすごい冬の景観があるんですね。
すばらしすぎる。
雪道を2時間ですか。
私の体力ではとうてい無理なようです。(笑)
みごとなレポートと写真ありがとうございます。

素晴らしい!!

お疲れ様です!
素晴らしいですね!

美しいですね。良いですね。

もう、南予とは思えない景色です。
じっと見ていたら、目がちかちかしました。白くて・・・

こんにちは。

vividさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

私も体力ないですよ(笑)
途中何度も来たことを後悔しましたが、滝に着くと感動で一気にそんなことも吹き飛びました。

ありがとうございます。

なんかん20号さん、こんにちは。

やっとお届けすることが出来ました。「おもいっきり凍った大の滝」。
本当に素晴らしい眺めでしたよ。
ただ、寒すぎて長時間は居れませんでしたが・・・。

また頑張ってすばらしい景色をお届けできればと思います。。。

No title

戦場カメラマン並みに体を張った雪山取材お疲れ様でした。

>鹿の足跡について登ることにしました。
>木につかまって半分ダイブするように下へ・・・。
↑これは笑 GONさんが無事帰ってこれてよかったです。

はじめまして

メケメケ王子2世さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

大の滝の凍った様子を是非見たくてかなり無理をしましたが、見たときの感動は忘れることが出来ません。
自分の体力も考えながら取材先を選ばないと・・・と思いながらまた無理をするんでしょうねぇ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する