「正木 花とり踊り」 を見に行ってきました。

こんにちは。 どんぐりです。

今回は、愛南町正木地区の歓喜光寺などで行われる
正木 花とり踊り」を見に行ってきました。(場所はこちら

毎年旧暦の10月18日に行われ、県指定の無形民俗文化財である
この踊り、もともとは「花賀おどり」と呼ばれていたものが転じて「花とり踊り」になったそうです。

IMG_1718.jpg

昔、正木の地区に花賀という悪人がおり、困った村人は踊りと称して
花賀を誘い出し、殺してしまった。
その後、村に疫病や火事などの災いが続いたため、殺してしまった花賀の
祟りであると恐れた村人たちが、篠山に十一面観音像を祀り、篠山権現様の
祭りの日に踊り、霊を慰めるようになった、という説があります。


IMG_1723.jpg

文献が残っていないため、文化財の指定は平成12年と新しいのですが
ここの踊りは、およそ400年の歴史があると伝えられています。


まずは朝9時、寺の前を流れる篠川で踊り手の若者が
流れに浸かり、みそぎを行います。

この時期の川の水は、身を切るように痛いでしょう・・

IMG_1696.jpg


川から上がった体から 湯気が立っていました。

IMG_1713.jpg



その後、踊り手たちは衣装の鎧や陣羽織を身に纏います。


四国西南部には、他にもよく似た「花とり踊り」や「太刀踊り」が
伝えられていますが、鎧を身に纏うのは、ここ正木地区だけなんだそうです。


IMG_1738.jpg


太鼓を叩く男の子2名(小2)は、共に今年デビューということではりきっていました。

IMG_1732.jpg


踊りの前に、踊り手は精進料理(豆腐)とお神酒を口にします。

IMG_1726.jpg

IMG_1754.jpg


いよいよ踊りの支度が整い、踊り手は寺の奥にある正木権現堂へと向かいます。

前日からの雨は夜半にあがったものの、木立の木々や石段は
まだしっとりと濡れていました。

ただ和尚さんによると、ここの花とり踊りは、雨に祟られたことがないのだそう。

IMG_1777.jpg


注連縄を張った中で、12人の踊り手が刀や鎌を持って踊ります。

IMG_1786.jpg


踊りは、権現堂前の次に歓喜光寺の境内、そして最後は寺のすぐ隣にある
旧庄屋・蕨岡家の3カ所で舞うことになっています。

IMG_1846.jpg


踊りは何種類かありますが、権現堂前での踊りが 時間的にも一番長いようです。

IMG_1835.jpg
IMG_1826.jpg


次に寺の境内へと場所を移します。

IMG_2154_20101124234741.jpg

昔は真剣を用いて舞っていたそうで、着物の端々や裾を切ることも
珍しくなかったようです。

踊りの最後には、踊り手が大太刀6人、鎌6人に分かれ、向かい合って
斬り合うように踊ります。


IMG_2164.jpg


鉦の音と唄、そして子供が叩く太鼓の音が山あいの小さな集落に響いています。

IMG_2161.jpg


最後に旧庄屋の蕨岡家へ。
ここの「戸立てずの楠」と呼ばれる二本の楠の下で踊ります。

IMG_2221.jpg


それぞれ幹周が8メートル、樹齢は推定で約700年と言われ
その枝ぶり、樹容の美しさは圧巻でした。

IMG_2244.jpg


篠山権現の神霊が、最初にこの木へ飛来したという伝説があり、
蕨岡家はその加護により繁栄したという話から
「戸立てずの庄屋」として有名になったそうです。
(戸立てず、の話は天狗にまつわる昔話にちなんだ話で、長くなりますので
ここでは省略させて頂きます(T_T) できれば別の機会に改めて・・)

IMG_2260.jpg

県境の小さな集落で行われる晩秋のイベント、皆さんも一度ご覧になってください。
ちなみに、旧暦での実施となるため、開催日は毎年異なりますのでご注意を。


【正木 花とり踊り】
開催場所:愛媛県南宇和郡愛南町正木
開催日 :旧暦の10月18日
お問合先:愛南町役場生涯学習課
     0895-73-1111


どんぐりでした。




ブログランキングに参加しています。よろしかったら下のバナーを1回ポチっとクリックして下さい。



スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する