でちこんか

10月17日に行われたでちこんかの前夜祭と翌18日のでちこんかへ行ってきました。
でちこんか」は、平成6年から町役場裏の奈良川河川敷で行われているイベントで、「でちこんか」とは、鬼北地方の方言で「出てきませんか」という意味だそうです。

10月17日に行われたでちこんか前夜祭の写真です。
でちこんか前夜祭
今年は、太鼓集団魁(鬼北町)、太鼓集団天邪鬼(東京都)、OTAIKO座明神(福井県)、和太鼓雷人(愛媛県松山市)の演奏が行われました。
でちこんか前夜祭1
迫力満点の太鼓の演奏とても良かったです。前夜祭に行ったことがない人は、是非、会場へ足を運んでみてください。秋の夜長に太鼓の演奏って良いと思いませんか?

翌18日に行われたでちこんかの写真です。
でちこんか
すごい人で賑わっていました。
ジャンボきじ鍋
でちこんかの定番ともいえるジャンボきじ鍋です。
でちこんかステージ
ステージでは、子供達がダンスを披露してました。このあとには、「宇多田ひかる」のモノマネで知られる「ミラクルひかる」のモノマネショーなどもあったそうです。
でちこんか1
環境コーナーで「えひめAI-1」の配布もされていました。
この「えひめAI-1」は、環境浄化微生物だそうで、配管や排水路に使用した場合にヌメリの除去や水質浄化などの効果があるそうなので、おいらも一本もらって帰りました。
ほかには、県内外市町の特産品が販売されるびっくり市、鮎などのつかみ取りやもちまきなどのイベント、子供が楽しめるわんぱく広場などがありました。

最後に、おいらは、今回のでちこんかで初売りされた、きじ酒「鬼北雉」を買って帰りました。
きじ酒「鬼北雉」1
その写真がこれです。綺麗な琥珀色ですっきりとした飲み口で美味しかったです。甘口の日本酒が好きな人は、是非ご賞味あれ。(ちなみに値段は、300mlで1150円でした。)
詳細はこちらへどうぞ。
きじ酒「鬼北雉」2
箱にきじ酒について書かれていたので、写真をパチリ。

以上、三間米大好き、二名っ子でした。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント

きじ酒って

でちこんかは、私も行ったことがあります。
行ったのが終わりの方だったので、きじ鍋を食べ損ねてしまいました。
二名っ子さんは、ありつけましたか?

きじ酒は初めて知りました。
素朴な疑問ですが、きじ肉が入っていたりするのでしょうか?

No title

いつもコメントありがとうございます。
おいらは、10時20分頃にでちこんかへ出かけたのですが、きじ鍋は行列ができていたので、今回はあきらめました。
きじ酒「鬼北雉」には、きじ肉は入っておりませんが、そのかわり、きじ肉のエキスがはいってまふ。
本来のきじ酒は、薄切りにしたキジのささみ肉に少し塩を振りかけ炙ったものを日本酒の熱燗に浸して作るそうですが、もっと、きじ酒を手軽に楽しめるように作られたのが、この「鬼北雉」です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する