西予市「宇和米博物館」です。

こんにちは。
今回は、西予市宇和町にある「宇和米博物館」をご紹介します。

さて、皆様、以前宇和町の「宇和文化の里」をご紹介したのをおぼえていますか?
(記事はこちら
その「宇和文化の里」中ノ町界隈にある4つの資料館のうち唯一紹介していなかったのがこの「宇和米博物館」です。
ついに行ってきましたよ・・・。
では、どうぞ!

9M6H9547kh.jpg

やって来ました、「宇和米博物館」。今日はあいにくの雨です。
(場所はこちら
国道56号線から入るのですが、道が細いので分かりにくいかもしれません。一応国道から案内板が出ていますので、頑張って辿り着いてください・・・。

この米博物館の建物は以前の記事でも書きましたが、旧宇和町小学校校舎を移築したものです。
昭和3年建築のこの校舎、ご覧の通りただひたすらに長いです。


9M6H9420kh.jpg

中に入るとさらに長さを実感できます。
土間と廊下がず~~っと続いています。間には柱もありません。
その長さ実に109m(!!) 日本一の長さだそうです。


9M6H9440kh.jpg

教室(今は研修室です。)はこんな感じです。


9M6H9541kh.jpg

米博物館ということで、館内は国内外の稲約80種類の実物標本や宇和地方で使われていた農耕具などが展示されています。さすが米どころ宇和ですね。
また、博物館の裏手にある実験田では、国内外の赤米・黒米を中心に100種ほどの米が栽培されているそうですよ。


9M6H9437kh.jpg

窓から見える景色をパチリ。
格子窓が昔の校舎の雰囲気を出して、いい感じですね。
窓の向こうには現在の宇和町小学校校舎が見えます。


9M6H9549kh.jpg

博物館(第一校舎)の外には長~いベンチが・・・。


9M6H9548kh.jpg

その長~いベンチから見える景色がこちら。
少し高台にあるので、眺めはいいですよ。(雨なので写真はイマイチですが・・・スミマセン!)
左が先程ご紹介した宇和町小学校です。


9M6H9544kh.jpg

さて、今まで紹介したのは第一校舎ですが、その裏には講堂と第二校舎があります。
写真の左が第一校舎、右手が講堂で、その奥が第二校舎です。
第二校舎は大正10年建築、講堂は大正4年建築だそうです。

第二校舎では教育資料や活版資料が展示されています。


9M6H9551kh.jpg

これこれ、これが講堂です。
今でもちゃんと使われていますよ。


さて、第一校舎に戻りましょう。
今日私(GON)が米博物館に来た目的はこれ
 ↓
 ↓
9M6H9446kh.jpg

そう、雑巾がけ・・・
この米博物館を最近有名にしているのは、日本一長い109mの廊下を廊下を使った雑巾がけレースですよね。
最近はZ-1グランプリなるイベントも行われています。
(7月下旬~一次予選、8月下旬~二次予選、10月決勝だったかな? 詳しくは西予市商工会のHPで。)

今日は私の子が通う学童保育のイベントで雑巾がけレースをするというので見に来ました。


9M6H9472kh.jpg

さすが元気な小学生! 速い速い。


9M6H9458kh.jpg

友達の声援を受け、頑張って雑巾掛けする子供達・・。

たまに大人も混じってしていましたが、大人達しんどそうでした・・・。
きついですよね・・・109m・・・。


9M6H9538kh.jpg

この雑巾がけ4月末までで16,000名余りが挑戦したそうです。
タイムはというとZ-1グランプリの最高記録が18秒29(!!)らしいですよ。

雑巾がけなら誰にも負けない!という自信のある方は是非挑戦してみてください。
私は・・・無理です!! 普通に109m走っても18秒以上掛かりそう・・・   GONでした。

宇和米博物館
 住所:西予市宇和町卯之町2丁目24
 電話:(0894)62-5843
 開館時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝祭日の場合は火曜日)、年末年始
 入館料:大人200円、小人100円(団体はそれぞれ50円引き)
 (民具館、開明学校、先哲記念館と米博物館の入場がセットになった共通券は、大人400円、小人200円です。)


ブログランキングに参加しています。下のバナーを1日1回クリックしていただくとランキングが上がり励みになります・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する