大洲市からの贈り物 1

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
久しぶりの贈り物シリーズ、今回は初登場の「大洲市からの贈り物」を紹介します。

南予の中でも豊富な農林水産物がある大洲市ですが、今回は
ポポー
を紹介します。

ポポーとは
北アメリカ原産で、明治期に日本に持ち込まれた温帯果樹です。
秋になると果実が実ります。
(この説明、ちょっとざっくりすぎたかな・・・)

なぜ、このブログで紹介するかというと
大洲市長浜町でこの果樹が栽培されているからであります。
日本でも数少ない栽培されている地域の一つになります。

そこで、今回大洲市の道の駅「清流の里ひじかわ」に行って買ってきました。

幟

売り場に行っていたら棚にありました。
無事GETできました。
1時間かけて来た甲斐がありました。

ポポー

早速食べることにしました。
噂では甘みが強いフルーツと聞いていましたが、どうでしょうか?
ナイフで半分に切ると、カスタードクリームのような黄色をしています。
味の方は甘くておいしかったです。
ただ、種が多いのが特徴です。
気を付けて食べましょう。

輪切りのポポー

大洲市の秋の味覚のポポー、一度食してみてはいかがでしょうか?
10月中旬までが旬のフルーツです。

目で楽しむだけで満足しない方は是非大洲市へGo!

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する