奥内の棚田まつり

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
11月9日に松野町で開催された奥内の棚田まつりに行ってきました。

幟と案山子

奥内の棚田は日本の棚田100選にも選ばれた素晴らしい景観を有しています。
場所は、国道381号から県道十和吉野線を通って6キロのところにあります。
ちなみに、標識にある天ヶ滝は途中の分岐点で棚田とは違う方向に進みます。

案内標識

イベントの最初はおいこレースでスタートです。
3キロ、5キロ、10キロのおいこを背負って棚田の間のあぜ道を登って行きます。

おいこレース

ゴールインの時には倒れてしまう選手もいました。
おいこを背負っての棚田での仕事は過酷だったことだと思います。

ゴール

表彰式です。
賞品は棚田米、しいたけ、地酒など地元特産品です。

表彰式

バザーでは地元の郷土料理がたくさんありました。
まずは猪汁。
濃い味で体も温まります。
これからますますおいしくなります。

猪汁

続いていなりずし。
田舎料理の定番の一つです。
食べるだけで気持ちが落ち着くような気がします。

いなりずし

そして、アユの塩焼き。
四万十川水系で獲れるアユは格別です。

アユの塩焼き

極めつけは、そう、スペアリブです。
バーベキュー侍がてまひまかけて焼き上げました。

スペアリブ

郷土の味を堪能した後は棚田のある風景を散策です。
もうすでに稲の刈取りは終わっていますが、一部の田んぼは緑色になっていました。
切り株からまた稲が生えてきていました。

棚田の風景

水車小屋もありました。
ただ動いていなかったのが残念です。
でも農村の風景には欠かせませんね。

水車小屋

オープニングは鬼城太鼓の演奏です。

鬼城太鼓

続いてシンセサイザー、オカリナの演奏もありました。
心に響く演奏でした。

シンセサイザー

オカリナ

16時からはみんな大好き餅まきです。
もち米1俵分の餅が撒かれました。

餅まき

遠き~山に~日は落ちて~♪
この地区の夕暮れにはこの歌が似合います。
灯篭の点灯も完了です。

夕暮れ

コンサート2部は鬼城太鼓と青森県在住の横笛演奏家佐藤ぶん太氏のコラボでした。
鬼城太鼓のメンバーの中にはは佐藤ぶん太氏から横笛の指導を受けているとのことで、演奏もハイレベルでした。
佐藤ぶん太氏のソロ演奏もありましたが、遠くの山々に響くくらいのパワーがありました。

鬼城太鼓&佐藤ぶん太1

鬼城太鼓&佐藤ぶん太

少し見づらいですが、銀杏のライトアップです。
まだ黄色に染まっていませんが、今月末には黄色になっているかな。
黄色に色づいた銀杏を見てみたいものです。

銀杏ライトアップ

イベントが終わり、帰る途中で撮った遠景です。
本当に美しいですね。

遠景

日本の棚田100選に選ばれた奥内の棚田を見ることができました。
機会があれば別の季節にも訪ねてみようと思いました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する