奥伊予の里からの贈り物 1

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
ここ南予でも少しずつ秋の気配を感じるようになりました。

秋と言えば、実りの秋ですね。
そこで、本日9月14日にちなんで、奥伊予の里からの贈り物を紹介します。

今回紹介するのは、今が旬を迎えた栗であります。
愛媛県は全国第3位の栗の生産量があります。
南予地方では奥伊予と呼ばれる地域※を中心に栗の栽培が盛んに行われています。
※(内子町、大洲市、西予市野村町・城川町、鬼北町、松野町など)

栗畑

毬栗の中から栗の実が顔を出してきました。

栗の実

こちらは栗の甘露煮です。おいしそうですね。

栗の甘露煮

ご覧のように内子町産の栗です。

内子の栗

内子の栗(拡大)

今回は、栗羊羹を作ります。
用意するのは、こしあん、粉寒天、栗の甘露煮、砂糖です。

材料(こしあんと粉寒天)

鍋に水を入れて粉寒天を入れて沸騰させます。
沸騰したら、こしあんを少しずつ入れていきます。
砂糖はお好みで入れていきます。

調理中

煮溶かしたら、容器に入れます。
栗の甘露煮もこの時に入れます。

型に流し込む

冷蔵庫で一晩冷やして、はい出来上がり!
甘党にはたまらない和のスイーツです。

出来上がり

おまけ
内子町で見つけたマロンソフトです。
こちらもおいしいよ。

マロンソフト

なぜ9月14日に奥伊予かというと
奥伊予→おくいよ→0914→9月14日
おあとがよろしいようで。

以上、こうちゃんたかちゃんでした~
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する