津島町 嵐からの手紙!

こんにちは! しお噴く魚です
昨年暮れから知名度が高くなった、宇和島市津島町嵐地区を紹介します。

000 観光案内マップ

大まかには観光案内版の中央やや左の、現在地あたりになります。


大きな地図で見る

001 嵐
宇和島自動車のバス停を拡大してみました。

002 嵐坂すい道 003 嵐坂ずい道案内板
国道56号線の嵐坂ポケットパーク・風園を過ぎると、嵐坂ずい道が見えてきます。
車道用のトンネルと並行して、歩行者や自転車用のトンネルも整備されています。

004 嵐遠景
トンネルを抜け坂道を下っていくと、左右を山に囲まれ正面に海が開けた、
津島町嵐地区に着きます。この画像は、国道からではなく峠の堀切を越える旧道からの景色です。

005 バス車窓景色 006 バス料金表
宇和島自動車のバス車内から見た嵐地区とバス料金表です。

007 嵐信号付近
津島町嵐地区の中心部にある信号機です。
正面に進むと南宇和郡愛南町となり、信号を右折すると津島町下灘地区となります。
海がすぐ近くということで、磯の香りがしてきます。

008 宇和島自動車 嵐バス停 009 バス停携帯ストラップ

宇和島自動車の嵐バス停です     バス停型の携帯ストラップです
昨年に停留所の表示看板をかたどった、携帯ストラップを制作したところ、全国から
注文が相次いで1か月で注文が1500個あったそうです。

残念ながら完売となっていて、再度販売する予定はないそうです。

010 真珠養殖フロート

津島町から隣町の愛南町にかけての宇和海では、真珠養殖業が盛んで黒いフロートと
呼ばれるブイの下に真珠を育てるアコヤ貝が吊り下げられています。

012 磯釣客用渡船
ここ嵐地区は、磯釣りの瀬渡し船が出ていることでも知られています。
竹ケ島(たけがしま)御五神島(おいつかみしま)などの磯に、県内はもとより
徳島県や岡山県などから釣り客が来ています。
渡船は、清家渡船、菊池渡船の2か所があります。

013 グレ
バス停の写真を撮影しているときに、渡船が帰ってきので釣果を撮らせてもらいました。
黒っぽい魚はグレで30cmくらいありました。

014 小さなバス停
中心部の交差点から50mほど下灘方面に進んだところに、このバス停はありました。
毎日、嵐地区を通って通勤していますが、ここがバス停だとは気付きませんでした。
バスのお客さんを風や潮から守るために、海の横に建っているようです。
バス停の建物も3m程度と低いのですが、バス停標識も2mくらいと記念撮影するには最適です。

015 バス停標識
これが嵐バス停の画像です。

016 嵐川にかかる橋 017 嵐川橋のプレート
嵐地区中心部を流れる嵐川に架かる嵐橋と標識

018 プレートの拡大
嵐橋についているプレートの嵐のみを拡大しました。
潮風で腐蝕が進んでいるようです。

019 嵐郵便局
交差点より100mくらい宇和島方面に戻った左側に、嵐郵便局がありました。

021 嵐郵便局
2012年1月14日の朝日新聞(朝刊)より
2009年に全国の郵便局が売り出したうちの一つで、1枚180円で販売しています。
ネット販売はしていないため、実際に訪れないと買えません。
関心のある方は、ぜひ訪れて購入していただき嵐郵便局から投函すれば
消印も嵐郵便局で配達されます。

022 嵐保育園 023 嵐保育園
ちなみに郵便局の裏通りあたりに嵐保育所があります。

024 嵐電話交換所 025 下灘駐在所
また、嵐郵便局より宇和島市寄りにNTT西日本の嵐電話交換所があります。
嵐郵便局前にある駐在所は、嵐駐在所かなと期待したのですが下灘駐在所でした。

026 真珠いかだ 027 真珠貝供養塔
入り組んだ海岸の地形と、栄養豊かな海で真珠養殖が行われています。
嵐地区を見渡せる真珠貝供養塔は、これまで真珠養殖の犠牲となった
御霊に感謝の気持ちを表すために制作したと記されています。

028 真珠貝供養塔
供養塔の上部には、アコヤ貝を持った女性のモニュメントがありました。

030 慰霊塔プレート029 慰霊塔プレート
真珠貝供養塔の撰文がありました。

031 真珠貝
嵐坂ポケットパーク・風園、歩行者用トンネル入り口の真珠貝です。

真珠貝供養塔、下灘方面バス停など発見の多い「嵐」訪問でした。
「しお噴く魚」でした。

ブログランキングに参加しています。よろしかったら下のバナーを1回クリックして下さい。


更新の励みになりますので気に入っていただけたら、こちらにも1回クリックして下さい♪
スポンサーサイト



テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報