佐田岬半島「メロディライン」の「メロディ道路」です!!

どうも、はじめまして楕円球(だえんきゅう)と申します。

昨年4月に南予にやってきて、いつかブログを書きますと言いながら・・・。気がつけば1年が経とうとしており、慌てて初ブログを書かせていただきます。

先日、佐田岬半島を縦断する『メロディーライン』(国道197号)に新たな観光スポット「メロディー道路」が完成し、その完成式が行われるとのことなので、三間米大好き二名っ子さんと一緒に行ってきました。

メロディー道路」について少し説明させてもらうと、舗装面に横断方向の溝を掘ることにより、自動車走行のタイヤ接地音でメロディーを奏で、溝間隔で音階を、溝の数で音の長さを調整することでメロディーになるもので、観光資源として期待できるのはもちろん、速度誘導やスリップ防止により、交通事故の抑制も期待できるようです。

ちなみに、このメロディー道路の工法を導入したのは、こちらの国道197号が四国では初めてなのです!!
道路はこんな感じです。溝間隔が広いと音程は低く、狭いと高くなるようです。
mrNO1.jpg


 もっとアップにすると。
mrNO2.jpg



 さらにアップ・・・
mrNO3.jpg

 
 伊方町に完成した「メロディー道路」は、道の駅・瀬戸農業公園の前あたりから保内町方向に約430メートル区間を法定速度の時速50キロで走行すると、「みかんの花咲く丘」を約31秒楽しめるようになっています。
【場所はこちら

 実際に現地で聞いてみると、予想以上にはっきりとした音で聞こえます。ちょっと感動しますよ。最初、どこかのスピーカーから流しているのかな?と勘違いしたぐらいですから。
mrNO4.jpg

 
 完成式では、来賓挨拶や、担当者による工事内容の紹介の他、フレッシュレンジのお姉さま方による「みかんの花咲く丘」等の曲披露や“にゃんよ”による取材も行われました。
mrNO5.jpg


 まじめに?取材中??
mrNO6.jpg


 子ども達に大人気です。
mrNO7.jpg


 この看板がスタート地点の目印です。
mrNO8.jpg


 実は皆さんに実際の音を紹介しようと思い、動画撮影を試みたのですが…見事に失敗しました

 これから春も近づいてきて、絶好のドライブシーズンに入っていきますので、是非、皆さん自身の耳で、奏でられるメロディーを聞きに行ってみてください。

 『メロディーライン』のドライブスポットについては、PONさんが紹介してくれています。
   こちら→そのいちそのにバフンウニ

 自然、絶景、グルメ、そしてメロディーを楽しめる『メロディーライン』はドライブコースには打って付けですよ。

 最後に「メロディー道路」を走行する時の留意点を何点か紹介しておきます。

 ○大型車(バスやトラック)、二輪車での走行時には、聞こえづらくなります。
 ○雨天時にも聞こえづらくなる場合があります。
 ○走行中に速度変化があったり、設定速度以外で走行すると音痴になります。

  ※スピードオーバーをするとメロディーのテンポが速くなり、すぐ分かりますよ。(笑)

 ではでは、近いうちに第2回目の記事を書いてみようと思っている楕円球でした。


ブログランキングに参加中です。下のバナーを1日1回クリックしていただくとランキングが上がりますので、応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト



テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報