宇和島市三間町にある太宰遊淵の墓へ行ってきました!

今回も取材の時間があまり取れなかったので、前回の正法寺の近くにある太宰遊淵(だざいゆうえん)の墓へ行ってきました。

太宰遊淵は、本名太宰喜左衛門定義といい、旧北宇和郡(三間町、津島町、吉田町、広見町、松野町、日吉村)内一の広さと水量を誇っている中山池構築に功績があった人です。また、遊淵の号は宇和島藩より贈られたものといわれています。

古来この地方は水利の便が悪く、多くの土地が荒蕪(こうぶ)の状態で、このことを嘆いた遊淵が池を造って灌漑に資したいと考え、寛永4年(1627年)に工を起こし、同7年(1630年)に竣工したといわれていますが、工事の規模は予想外に大きく難工事であったため、遊淵の苦悩も一方ではなく最後には現在彼の墓地のあるところに静座して、鉦を打ち鳴らしながら阿弥陀の称号を唱えて完成を念じたが、竣工の日にそのまま入定(にゅうじょう)したと伝えられています。
ただ、遊淵が大池を築くことを考えたのは、単なる思いつきではなく、宇和島に城の濠を掘る時、その一部を請負って美事に完成し、土木工事に自信を有していたからであるといわれています。

三間町では、米づくりに必要な水の取水源として三間川及びその支流や町内に約108箇所あるため池に頼っており、戸雁、宮野下、迫目、務田や黒井地の一部の美田はほとんどこの中山池の恩恵に浴しているようです。

市指定記念物(史跡)である太宰遊淵の墓の大体の位置はこちら
三間町に約8年も住んでいるのに、遊淵の墓の場所をよく知らず、中山池周辺を歩き回ったけど見つけることが出来なかったので、結局、近くにいた日本郵政の方に案内していただきました。(案内してくれた方ありがとうございました。)
およその位置だけでは、分かりにくいと思いますので、簡単に道順を説明します。
太宰遊淵の墓
①県道283号線を通り、市立三間中学校とグリーンハイツ金山の間の道を直進すると、上記写真の十字路へ到着しますので、ここを左折します。(右折すると前回紹介した正法寺があります。)

太宰遊淵の墓1
②①を左折すると坂道の手前に十字路(上記写真)がありますので、ここを左折します。

太宰遊淵の墓2
③②を左折し、5~10mほど進むと右手に中山池へ向かう道があります。上記写真の道を直進すると記念碑へ、上記写真の右手に写っている階段を上ると太宰遊淵の墓に到着します。(*個人所有地で、近くに個人の墓がありますので、注意してください。

太宰遊淵の墓3
上記写真の左側に写っているのが市指定記念物(史跡)である「太宰遊淵の墓」です。

太宰遊淵の墓4
わかりづらいので、五輪塔を横からアップでパチリ。

太宰遊淵の墓5
せっかく来たので、記念碑もついでにパチリ。
記念碑は全部で4つありました。
上の写真が平成5年建立の記念碑です。
下の写真にある記念碑が右から、昭和51年建立(三百五十年祭記念)、明治24年建立、大正15年建立(三百年祭記念)です。
太宰遊淵の墓6
明治24年建立の記念碑に文字が刻まれていましたので、その釈文を載せます。
「中山池は、伊豫の国宇和郡黒井地村に在り。故村正(庄屋)太宰義祐翁の開鑿する所なり。寛永四年を以て業を創(はじ)め、四歳を歴(へ)て落成すと云ふ。蓋(けだ)し、翁・農工に精(くわ)しく水利に察(あき)らかなり。故に此の大事業有りて即ち、其の利數村に洽(あまね)く、其の澤(めぐみ)百世に被(こうむる)なり。九代の孫儀夫、祖功の湮滅(いんめつ)せんことを恐れて石に刻し、以て不朽に垂る。詩(詩経)に云ふ。「爾(なんじ)の祖を念(おも)う無からんや。厥(そ)の徳を聿(の)べ修む」と。是を記と為す。」
*三間町誌によると「遊淵を義祐としている資料もあるが、義祐は遊淵の子に当たり貞義が正しい」とのこと

最後に、11月28日から1月3日までの期間、中山池自然公園では、18時から24時までイルミネーションが点灯されています。綺麗なので、是非、見てください。見た感じでは去年よりも点灯数が多くなっていると思います。(去年紹介した中山池自然公園イルミネーションの記事はこちら

引用・出典:愛媛のくらし(平成10年度地域文化調査報告書)、三間町誌、新宇和島の自然と文化(一)

以上、三間米大好き二名っ子(ふたなっこ)でした。

ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報