宇和島・長堀の三島神社秋祭り

こんにちは。 どんぐりです。

今回は、宇和島市長堀にある三島神社で行われた
秋祭りの様子をご紹介します。(場所はこちら


ここ三島神社は 大同元年(806年)、瀬戸内は大三島の大山積神社より
御分霊を尾串森に勧請したのが始まりだそうで、文永11年に現在地に
奉還しました。主祭神は 大山積命です。

橘忠重、西園寺公廣、伊達氏など歴代の国主から崇敬を受けた社で、
記録によると伊達氏は延慶2年以降、7回も社殿を再興しているのだそうです。

こちらが拝殿です。

IMG_8791.jpg


・・って、実は私が今住んでる地元のお祭りだったんですね

早朝から地元自治会の役員さんたちが準備を始めます。

これは子供が担ぐ牛鬼ですね。
肩に当たる部分に白布を巻いています。

このあと、特徴である長い首にあたる心棒を内側から差し込むのですが・・

IMG_8372.jpg

何と!!
別の用をしている間にその作業が終わってるじゃないですか(T_T) ショック

全体に布をかぶせていますね。

IMG_8379_20101030011150.jpg


中から見たらこんな感じです。
真ん中の棒が首を動かす心棒で、首を上げ下げさせます。

IMG_8393.jpg


あとは頭を取り付け、剣のような尾を立てたら完成。

IMG_8383.jpg


この日を楽しみに集まった子供たちを迎えます。

IMG_8516.jpg


これは「ボラ」という鳴り物で、慣れないとなかなか音が出ないので
一生懸命練習していました。

IMG_8512.jpg

IMG_8499.jpg


こうして準備を終えた各地区の神輿や牛鬼は
まずお祓いを受けるために 一斉に神社に集合します。

IMG_8540.jpg


次々と石段を上がって行きます。

IMG_8646.jpg


神輿や牛鬼を一度に見ようと思ったら、この時間がいいですね。
子供たちの元気な声と竹ボラの音、境内に溢れる神輿と牛鬼。
この時点で充分秋祭りを堪能しました もう満足、って感じです。

お祭りはこれからなんですが

IMG_8556.jpg


石段の上で待ってたら とても眺めがいいですね。

神輿に続いて トトロも来ました(!?)

IMG_8621.jpg



この神輿に乗ってる子供の表情を撮りたかったのですが
・・人が多くて近づけませんでした。

IMG_8602.jpg


拝殿前は 人でいっぱい。

IMG_8560.jpg


神主さんも大忙しですね

IMG_8584.jpg


次々とお祓いを受けて、各地区へと出発して行きます。

IMG_8574.jpg


家々を廻って 邪気を払うのは獅子舞と一緒なんですね。

IMG_8735_20101030011628.jpg



この日、旧市内の南部は、一日中太鼓と竹ボラの音が響いていました。

IMG_8760.jpg


驚いたのは、ここ三島神社の秋祭りって
和霊大祭同様、川の中での走り込みがあるんです。
(そのまま規模を小さくした感じです)

午後7時前、各地区から神輿や牛鬼が神社に戻ってくると

IMG_8880.jpg


神輿3体が水の中へ。
10月の川ですから、相当寒そうでしたが
みなさん元気いっぱい!!

IMG_8924.jpg

滑ることなく するすると竹柱に身軽に登って行き

IMG_8932.jpg


今年の秋祭りは見事にフィナーレを迎え、
それと同時に打ち上げられた打ち上げ花火と仕掛け花火が
観客の目を楽しませていました。

IMG_8934_20101030020735.jpg


10月から11月にかけて 南予も秋祭り一色です。
地域によっては牛鬼の顔や体の様子も少し違うんですよ。それは機会があればまた・・。


どんぐりでした。




ブログランキングに参加しています。よろしかったら下のバナーを1回ポチっとクリックして下さい。



スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報