宇和島市三間町にある大森城跡へ行ってきました。

天気が良かったので、宇和島市三間町元宗にある大森城跡へ行ってきました。
西園寺15将(萩之森殿宇都宮氏を含めないと14将)の1人だった土居清良が17歳(1562年 永禄5年)のときに大森城へ帰城したそうです。
ちなみに、以前PONさんが河後森城を紹介していますが、河後森城主だったのが西園寺15将の1人である河原渕殿河原淵(渡邊)氏です。(過去の記事はこちら
大森山の道
大森城跡へ行く道はいくつかありますが、今回は三間町小沢川(こそうがわ)から登りました。こんな山道を登っていきます。(特に登山口の表示があるわけではないので、民家の脇をとおり山へ登っていきます。)
鹿の角
途中、鹿の角が落ちていました。角は折れていないので、取れちゃったのでしょうかね?
ハナ
彼女が第一発見者のハナ(3歳)です。おいらが猪に出遭った時の時間稼ぎになりそうなので、借りてきたのですが、命令を聞かず山を自由に走りまくってました。猪に出遭ったら、絶対おいらを置いて逃げること間違いなしです。
郭2
郭です。大森山には、郭が7つと竪堀が2つがあります。写真は、上から数えて2つ目の郭です。
石積みが崩れていますが、比較的素人でも判りやすい郭です。
大森城跡の郭
山頂にある大森城跡の郭です。左右の土が不自然に盛り上がっているのが判ります。
大森城跡
山頂の大森城跡です。山頂はお城があったので、結構平らで広い場所となっています。ここに城を築いていたなんてすごいですよね~。土居清良が17歳で帰城したときの風景はどんなのだったんだろう。。。。
大森山頂に咲く花
山頂の宮野下方面には、結構な数の花(山つつじ?)が咲いていました。
大森山山頂から見た風景1
大森山山頂(約316M)から宇和島市方面を眺めた景色です。(写真は手ブレしたので載せてませんが、鬼北町も見えるんですよ。)
簡単に登れ、史跡もあり、三間町が一望できるので、おいらのお気に入りの場所です。

以上、三間米大好き二名っ子でした。

ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると励みになります。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報