宇和海からの贈り物 6

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
1年ぶりに登場しました「宇和海からの贈り物」シリーズです。
今回は今が旬のあの魚です。

宇和海

その魚とは、ブリであります。
しかも、今までのブリとはまた違います。

チョコブリ1

実は今回紹介するブリは
チョコブリ
であります。
チョコレートを混ぜた餌を与えています。
そのため、切り身の変色を抑えることができるようになりました。

マーク

早速夜食に食べました。
こちらのブリの刺身も切り身の色が鮮やかです。
チョコレートの香りは感じられませんでしたが、いつものブリ同様脂が乗っていておいしかったです。

いただきま~す

今話題のチョコブリを味わうことができました。
機会があれば味わってみましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

奥伊予の里からの贈り物 3

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
南予の農林水産物を紹介する「贈り物」シリーズ、今回は「奥伊予の里の贈り物」である自然薯であります。

奥伊予のうち、鬼北町、松野町では近年自然薯の栽培が盛んに行われるようになってきました。
12月9日(日)に鬼北町の道の駅「森の三角ぼうし」で「第19回山いも祭り」が開催されました。

自然薯

販売ブースには多くの人が自然薯を買い求めていました。

販売ブース

私も自然薯を使った料理を味わいました。
まずは「山かけうどん」です。
この日は道の駅のレストランでイベント限定として販売されていました。
私の場合、お酒を飲みすぎた翌日の昼食には山かけうどんを食べることがよくありました。
胃腸に優しい感じがして、すんなりと受け入れることができるメニューであります。

山かけうどん

続いて、とろろごはんです。
粘りのあるすりおろした自然薯とご飯がマッチしていておいしかったです。

とろろごはん

そして次はむかごごはんです。
炊き込みご飯の中にある茶色い小さ粒がむかご(自然薯の種)です。
お芋に似たホクホクした食感がたまらなくおいしかったです。
16年前に東京都桧原村の山奥のユースホステルで初めて食べたことを思い出しました。

むかごごはん

子供のころは自然薯を食べることはあまりなかったですが、年齢を重ねて行くにつれ自然薯のおいしさに気づきました。
これから旬を迎える自然薯を味わってみてはいかがでしょうか?

なお、松野町では「松野ゴールド」のブランド名で販売されています。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

宇和海からの贈り物 5

こんにちは、こうちゃんたかちゃんです。
久しぶりに復活しました。贈り物シリーズ。
今回は宇和海からの贈り物です。

今回紹介するのは、愛南町沖の宇和海で養殖されている海藻の
ひろめ
であります。

宇和海(鹿島)

ひろめは、冬から早春にかけて収穫される海藻です。
近年愛南町沖の宇和海で養殖されるようになりました。
昨日の「ぎゅぎゅっと愛南!冬の陣」でも販売されていましたので、買って帰りました。

今回はひろめの海藻サラダを作りました。

ひろめ1

まな板の上に広げると、はみ出すほどの大きさでした。
わかめとはまた違った感じです。

ひろめ2

沸騰したお湯の中にひろめを入れます。
磯の香りが漂ってきました。

ひろめ3

流水で冷やしてしめます。
冷やした後は、食べやすい大きさにカットします。

ひろめ4

器にキャベツの千切り、ミニトマトと一緒に盛りつけてできあがりです。

ひろめサラダ

ひろめサラダには和風ドレッシングが合います。お好みでかけてお召し上がりください。

目で楽しんでいただけましたでしょうか?
目で楽しんだ後には、栄養たっぷりのひろめサラダ、ぜひこの季節に味わってみてください。
以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

森の国からの贈り物 2

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
前回、森の国からの贈り物として松野町のマンゴーを紹介しました。

松野町には他にも有名な果物がありますよね。
そう、今が旬の
「桃」
であります。

幟

そこで、今回は長期密着取材(?)として桃のある風景も一緒に紹介します。
まずは、桃の花です(4月撮影)。
きれいな色ですね。

桃の花

続いて、桃の葉です(5月撮影)。
まぶしい新緑の色です。

桃の葉

そして、実り始めた桃の実です(6月撮影)。
桃の実はデリケートなので収穫まで紙袋にかぶせて、害虫などから保護して大切に育てます。

若い桃の実

7月になって本格的に桃が出回るようになりました。
先日、虹の森公園のかごもり市場に行ってきて桃を買ってきました。

食べごろの桃の実

今回は、桃のジェラートに挑戦しました。
まずは、桃を2つに割って、種を取り除きます。
桃は柔らかいので、慎重に取り扱いましょう。

二つ割りの桃

鍋に水と砂糖を入れて弱火で煮詰めます。
その中にくし型に切った桃を皮のついたまま入れます。
しばらくすると、シロップが薄い桃色に変わります。

煮込み中

皮を取り除いた後、しばらく冷まして、ミキサーにかけます。

ミキサー

ミキサーにかけたら、容器に入れて冷凍庫で冷やします。
途中、固まらないように2、3回スプーンでかき混ぜます。

冷凍庫へ

しばらく冷やしたら、はい、桃のジェラートのできあがり!

桃のジェラート

冷たくておいしい夏のデザート、おいしゅうございました。

これから多くの種類の桃が店頭に並びます。
桃を味わってみたい方は、かごもり市場にHurry up!

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

森の国からの贈り物 1

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
松野町のぽっぽ温泉で入浴した後、虹の森公園に立ち寄りました。

人目を引くカラフルな幟を発見しました。
南国のフルーツマンゴーだと?

幟

売店に寄ってみたらマンゴーが売っていました。
早速買って帰りました。
どうです、この濃い赤色。
完熟でまさに食べごろであることの証しであります。

マンゴー

マンゴーには中央部に平らな形の種があります。
食べるためには、最初に写真のように三枚におろします。
濃い山吹色の果肉が現れました。

三枚おろし

食用ナイフで果肉に格子状に切れ目を入れます。
皮と果肉の間にもナイフを入れます。
皮を破らないように慎重にナイフを入れます。

カット

皮を外に引っ張れば、はい、花切りマンゴーの出来上がり!

花切りマンゴー

やる前は難しいと思っていましたが、料理素人の私でもうまくできました。
しばらくは出来栄えを目で楽しんで、その後は舌で楽しみました。
マンゴーの濃厚な味は病み付きになりそうです。

松野町のマンゴーは松野町農林公社の温室で栽培されています。
松野町の特産品として普及してほしいと思いました。
今が旬のマンゴー、食べたくなったら松野町にHurry up!

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報