新しい時代「令和」のスタート

にゃんよと南予のゆるキャラからの新しい時代へのメッセージだにゃん。

にゃんよ(宇和島市)

令和時代も南予が輝き続けるようみんなで力を合わせて頑張ります。
応援よろしくね。

もーにくん(宇和島市)もーにちゃん(宇和島市)伊達にゃんよ(宇和島市)
吉田君(宇和島市)はまぽん(八幡浜市)O級くん(大洲市)
つらいにゃん(大洲市)せい坊(西予市)うわカモン(西予市)
からりちゃん(内子町)サダンディー&チビダンディー
のぶしくん(松野町)伊予美人ちゃん(松野町)きほくん(鬼北町)
きじの助(鬼北町)なーしくん(愛南町)ツツ人&なんなんちゃん(南レク)

BY 南予のゆるキャラ一同
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

予土県境ものがたり5

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
久々に登場しました予土県境ものがたり。今回は愛南町と宿毛市です。

愛南町のうち旧一本松町の正木地区と宿毛市の中心街を中心に紹介します。

案内標識(愛南町)案内標識(宿毛市)

今回のスタート地点である篠山です。
標高1,000メートルを超える山ですが、途中までは車で行くことができます。
また、登山道も整備されています。

篠山

篠山登山口

篠山といえば、アケボノツツジが有名です。
かつては春になると山をピンク色に染めるくらいに咲いていましたが、近年では花の数が減ってきていました。
そこで、現在ではアケボノツツジ復活プロジェクトが進められています。
(撮影日:平成22年5月2日)

アケボノツツジ

篠山登山口から少し下ったところに篠川の滝があります。
(左:虹ヶ滝、右:白滝)
グリーンシーズンになると下の写真のように勢いよく流れ落ちる風景を見ることができます。
(撮影日:平成22年5月2日)

虹ヶ滝白滝

またしばらく下っていくと、学校に到着しました。
この学校の正式名称は
「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」
「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山中学校」
であります。
漢字で書くと30字!日本で一番長い名前の学校といえます。

篠山小中学校

学校の近くには篠川が流れています。
篠川が愛媛県と高知県の県境になっています。
下の写真では、左側が愛媛県、右側が高知県です。

篠川

旧国道56号に到着しました。
「県界」のバス停です。
この名前にも県境を感じることができます。

県界バス停

国道56号に入り、しばらく走って土佐くろしお鉄道宿毛駅に到着しました。
宇和島駅と同じ始発駅(終着駅)であります。

宿毛駅

昼食後、咸陽島公園に行きました。
公園内の紅梅が咲き始めていました。

紅梅

沖合には咸陽島があります。
大潮の干潮の時間帯になると、本土と島が陸続きになります。
(撮影日:平成23年7月2日)

咸陽島

また、ここはダルマ夕日の見られるポイントでもあります。
冬になると多くのカメラマンが訪れています。
私も下の写真のようにダルマ夕日を撮りに行きました。
上の部分に雲がかかってしまいましたが、ダルマの形になりました。
(撮影日:平成24年1月7日)

ダルマ夕日

県境を挟んで交流のある愛南町一本松地区と宿毛市の風景を紹介しました。
美しい自然がたくさんあります。
機会があればぜひ行ってみましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

磯崎(八幡浜市保内町)の水仙

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
今日1月6日は二十四節気の小寒です。
寒の入りであり、これから立春に向けてだんだん寒くなっていきます。

そんな寒い中、美しい花を咲かせる冬の花のひとつが「水仙」であります。
南予地方随一の水仙の名所である八幡浜市保内町磯崎地区に行ってきました。

場所は八幡浜警察署磯津駐在所の近くの山道を上がったところにあります。
まさに今が見ごろ!私もこれだけたくさんの水仙を見たのは初めてであります。

水仙

近くには菜の花が咲いているところもありました。

菜の花

水仙と菜の花のコラボも見ることができました。
辺り一面甘い香りが漂っていました。

水仙&菜の花

ここは伊予灘を臨む高台にあります。
冬の冷たい季節風を受けながらも水仙や菜の花は美しい花を咲かせています。

伊予灘を臨む

水仙と菜の花のコラボが見られる風景いかがでしたでしょうか?
興味のある方はぜひ見に行ってみましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

予土県境ものがたり4

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
今年5月にスタートした「予土県境ものがたり」も4回目になりました。

今回は鬼北町と梼原町です。

鬼北町のうち旧日吉村のエリアから梼原町にかけての国道197号、国道440号沿いの風景を紹介します。

案内標識(鬼北町)案内標識(梼原町)

今回のスタート地点は日吉夢産地であります。
柚鬼媛に見送られて(?)出発です。

柚鬼媛

国道197号を走っていきます。
日向谷地区にはいたるところで寒桜が咲き始めていました。
これから年末にかけて見ごろを迎えます。

日向谷の寒桜

急な登り坂を走っていくと、高研山トンネルに到着しました。
県境の長いトンネルを越えたらそこは高知県梼原町です。

高研山トンネル

梼原町に入って更に国道197号を東へ走ります。
国道と並行して流れているのは四万十川の支流の四万川川です。
沈下橋を見つけました。
こちらは仲間(なかいだ)沈下橋です。
この風景本当にいいですね。

仲間沈下橋

梼原町の中心部に入り、国道440号に入ります。
しばらく走ると、三嶋神社の屋根付き橋が見えてきました。
南予地方に点在する屋根付き橋と同様にこの橋も地区のシンボルとなっています。

屋根付き橋(三嶋神社)

梼原町の中心部を貫流するのは四万十川の支流の梼原川です。
ここにも沈下橋が架かっています。
こちらは中古屋(なかこや)沈下橋です。

梼原川の沈下橋

中古屋沈下橋の近くには二本桜があります。
春になれば、下の写真のように紅白の美しい花を咲かせます。
(撮影年月日:平成29年4月15日)

二本桜

鬼北町と梼原町はどちらも自然豊かな山奥でキジの飼育が盛んに行われています。
(左:鬼北町のゆるキャラきじの助、右:国道440号芹川トンネルの入口のレリーフのキジ)

きじの助きじのレリーフ

もちろん、キジを使った料理も味わうことができます。
(左:鬼北町の「でちこんか」のキジ鍋、右:道の駅ゆすはらのキジそば)
どちらも本当においしいです。
一度食べてみることをお勧めします。

キジ鍋キジそば

両町とも、豊かな自然やおいしい料理がたくさんあります。
機会があれば行ってみてはいかがでしょうか?
ただし、この辺りは標高が高いので冬になれば雪が積もることあります。
ドライブの前に天候や道路規制情報を調べておくことが重要です。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

予土県境ものがたり3

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
毎回好評(?)の「予土県境ものがたり」シリーズ、3回目は西予市と梼原町です。

本来なら県境にはカントリーサインがあるのですが、ここにはありません。
そのかわりに「坂本龍馬脱藩の地」の碑が建っています。
伊豫國と土佐國の表示があり、ここが県境であることを示しています。

県境の碑

今回のスタート地点である、四万川川(しまがわがわ)です。
ご覧の通りの清流です。

四万川川

上流部では沈下橋もあります。
清流と沈下橋、絵になる風景ですね。

沈下橋

竹の藪地区には長平庵というお堂があります。
ここにはひょうたん桜の古木があります。
春になれば見事な花を咲かせます。
(撮影日:平成26年3月30日)

長平庵の桜

文丸地区で県道379号に入ります。
韮ヶ峠に向けて進んでいきます。

分岐点

途中、稲のはさかけを見つけました。
懐かしい田舎の風景もここでは健在です。

はさかけ

しばらく走っていくと、最初の目的地の韮ヶ峠に到着しました。

韮ヶ峠

坂本龍馬像もこのとおり歓迎してくれました。

坂本龍馬像

県境には赤いラインが引いてありました。
ここで、愛媛と高知の綱引き大会をやったら面白いかも。

県境のライン

脱藩・・・いや県境を越えて、大野ヶ原に到着しました。
まずは、眺めのいい源氏ヶ駄馬に行きました。
ここは、緑の草原の中に灰白色の石灰岩が点在する風景が広がっています。

源氏ヶ駄馬

源氏ヶ駄馬からは大野ヶ原の風景を一望できます。
すばらしいの一言に尽きます。

大野ヶ原の風景(源氏ヶ駄馬から)

こちはら梼原町側の風景です。
山深い谷にわずかに田んぼが見えます。

梼原方面の風景(源氏ヶ駄馬から)

大野ヶ原にはブナの原生林もあります。
10月下旬には紅葉が見ごろになります。
(撮影日:平成24年10月31日)

ブナ林の紅葉

いかがでしたか?
坂本龍馬脱藩の道のルートを一部通って西予市と梼原町の県境付近の風景を紹介しました。
私も四万川上流~韮ヶ峠の脱藩ルートは初めて車で走りましたが、美しい風景が随所に広がっていてまた通りたくなりました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報