ぎゅぎゅっと愛南!冬の陣2019

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
愛南町の冬のイベントである「ぎゅぎゅっと愛南!冬の陣」に行ってきました。

幟

会場にはなーしくん、にゃんよ、みきゃんの3体のゆるキャラが集合しました。

ゆるキャラ集合

盛大に開会式が行われました。

開会式

会場ではいたるところで長蛇の行列ができていました。
それだけ愛南の牡蠣やブリが人気が高いことを表しています。

行列

私も牡蠣、ブリ料理を堪能しました。
まずは牡蠣汁。
寒い中で食べる牡蠣汁は体が温まります。

牡蠣汁

こちらは焼き牡蠣です。
口に入れると海の香りが広がってきます。
海の栄養をたっぷり含んでいることを実感しました。

焼き牡蠣

続いてブリ料理です。
こちらは今年初登場のブリ大根です。
味のしみた大根と食べるブリは格別です。
子供のころはあまり食べなかったけど、齢を重ねてブリ大根のうまさがわかってきました。

ブリ大根

続いてブリ丼。
脂の乗ったブリの刺身とご飯の相性が抜群です。

ブリ丼

そして、今回も姉妹都市の兵庫県篠山市からも出店していました。
名物の猪汁をいただきました。
イノシシのうまみたっぷりの猪汁です。
なお、篠山市は今年の5月1日に「丹波篠山市」に名称変更します。

猪汁

さて、会場では牡蠣のすくい取りが行われました。
スコップですくうことができた分だけもらえるイベントです。
かなりの量をすくっていた人もいました。

牡蠣のすくい取り

そして、目を惹いたのが風船王子のバルーンショーです。
いろいろなキャラクターや動物などを風船で作っていく様子に見入ってしまいました。

風船王子1

風船王子2

愛南町の豊かな海の幸である牡蠣、ブリを存分に味わうことができました。
これからも知名度がUPしていくことを期待したいです。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

宇和海からの贈り物 6

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
1年ぶりに登場しました「宇和海からの贈り物」シリーズです。
今回は今が旬のあの魚です。

宇和海

その魚とは、ブリであります。
しかも、今までのブリとはまた違います。

チョコブリ1

実は今回紹介するブリは
チョコブリ
であります。
チョコレートを混ぜた餌を与えています。
そのため、切り身の変色を抑えることができるようになりました。

マーク

早速夜食に食べました。
こちらのブリの刺身も切り身の色が鮮やかです。
チョコレートの香りは感じられませんでしたが、いつものブリ同様脂が乗っていておいしかったです。

いただきま~す

今話題のチョコブリを味わうことができました。
機会があれば味わってみましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

予土県境ものがたり5

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
久々に登場しました予土県境ものがたり。今回は愛南町と宿毛市です。

愛南町のうち旧一本松町の正木地区と宿毛市の中心街を中心に紹介します。

案内標識(愛南町)案内標識(宿毛市)

今回のスタート地点である篠山です。
標高1,000メートルを超える山ですが、途中までは車で行くことができます。
また、登山道も整備されています。

篠山

篠山登山口

篠山といえば、アケボノツツジが有名です。
かつては春になると山をピンク色に染めるくらいに咲いていましたが、近年では花の数が減ってきていました。
そこで、現在ではアケボノツツジ復活プロジェクトが進められています。
(撮影日:平成22年5月2日)

アケボノツツジ

篠山登山口から少し下ったところに篠川の滝があります。
(左:虹ヶ滝、右:白滝)
グリーンシーズンになると下の写真のように勢いよく流れ落ちる風景を見ることができます。
(撮影日:平成22年5月2日)

虹ヶ滝白滝

またしばらく下っていくと、学校に到着しました。
この学校の正式名称は
「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」
「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山中学校」
であります。
漢字で書くと30字!日本で一番長い名前の学校といえます。

篠山小中学校

学校の近くには篠川が流れています。
篠川が愛媛県と高知県の県境になっています。
下の写真では、左側が愛媛県、右側が高知県です。

篠川

旧国道56号に到着しました。
「県界」のバス停です。
この名前にも県境を感じることができます。

県界バス停

国道56号に入り、しばらく走って土佐くろしお鉄道宿毛駅に到着しました。
宇和島駅と同じ始発駅(終着駅)であります。

宿毛駅

昼食後、咸陽島公園に行きました。
公園内の紅梅が咲き始めていました。

紅梅

沖合には咸陽島があります。
大潮の干潮の時間帯になると、本土と島が陸続きになります。
(撮影日:平成23年7月2日)

咸陽島

また、ここはダルマ夕日の見られるポイントでもあります。
冬になると多くのカメラマンが訪れています。
私も下の写真のようにダルマ夕日を撮りに行きました。
上の部分に雲がかかってしまいましたが、ダルマの形になりました。
(撮影日:平成24年1月7日)

ダルマ夕日

県境を挟んで交流のある愛南町一本松地区と宿毛市の風景を紹介しました。
美しい自然がたくさんあります。
機会があればぜひ行ってみましょう。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

わらぐろいのしし

こちらは、わらぐろです。
南予では主に宇和盆地で見られます。

わらぐろ

このたび、西予市宇和町窪地区の田んぼににわらぐろいのししが登場しました。
精悍な顔つきをしています。

わらぐろいのしし1

3体のうち1体は小さく背中にしま模様があります。
親子のいのししという設定と思われます。

わらぐろいのしし2

わらぐろいのししもマンモス同様に知名度が高まってほしいと思いました。
西予市の中心部から離れていますが、機会があれば見に行ってみてください。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

津島 しらうお&産業まつり2019

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
1月27日(日)に開催された「津島しらうお&産業まつり」に行ってきました。

ゲート

前日はみぞれ交じりの天気でしたが、イベント当日は天気も回復して晴れになりました。
会場の岩松川もこのとおり澄んだ清流になっています。

岩松川

少し下流では、しらうお漁が行われてました。
寒さ厳しい中での漁のおかげでしらうおを味わうことができます。

しらうお漁

開会式です。
岡原市長のあいさつでイベントスタートです。

開会式

しらうおのおどり食いにはもうこんな大行列が!
それだけしらうおが人気があることを物語っています。

行列

私もおどり食いにチャレンジしました。
三杯酢の中で跳ねるしらうおを飲み込んでいきました。

おどり食い

しらうおの雑炊、お吸い物も味わいました。
寒い中で食べると本当に体が温まります。

しらうお雑炊

しらうおお吸い物

恒例の大食い大会です。
善助餅を10分間でどれだけたくさん食べるかを競います。

大食い大会

優勝者には増穂米がプレゼントされました。

優勝

こちらはマグロの解体ショーです。
みんな大好きなまぐろが次々に売られていきました。

マグロ解体ショー

そして、イベントの顔ともいえる津島牛鬼会の牛鬼の練りです。
今年は多くのイベントが中止、縮小したためか私も久しぶりに牛鬼の練りを見た気がします。
宇和島も元気であることを見せつけてくれました。

牛鬼の練り

さて、いろいろな料理を食べたので腹ごなしに岩松商店街に散策に行ってきます。

岩松商店街

今年は、岩松商店街でフリーマーケットが開催されていました。
冬の日差しの下、ゆっくり歩いていくのもまたいいものです。

町並み散策

締めくくりは太鼓集団「雅」のパフォーマンスです。
会場いっぱいに太鼓の音が響いていました。

お楽しみ抽選会

今年もお楽しみ抽選会がありましたが、今年もはずれでした。
復活当選の餅まきも何もあたらなかったです・・・

このイベントも30回を迎え、知名度も段々向上してきました。
これからも津島の冬のイベントとして発展してほしいと思いました。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報