奥伊予の里からの贈り物 3

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
南予の農林水産物を紹介する「贈り物」シリーズ、今回は「奥伊予の里の贈り物」である自然薯であります。

奥伊予のうち、鬼北町、松野町では近年自然薯の栽培が盛んに行われるようになってきました。
12月9日(日)に鬼北町の道の駅「森の三角ぼうし」で「第19回山いも祭り」が開催されました。

自然薯

販売ブースには多くの人が自然薯を買い求めていました。

販売ブース

私も自然薯を使った料理を味わいました。
まずは「山かけうどん」です。
この日は道の駅のレストランでイベント限定として販売されていました。
私の場合、お酒を飲みすぎた翌日の昼食には山かけうどんを食べることがよくありました。
胃腸に優しい感じがして、すんなりと受け入れることができるメニューであります。

山かけうどん

続いて、とろろごはんです。
粘りのあるすりおろした自然薯とご飯がマッチしていておいしかったです。

とろろごはん

そして次はむかごごはんです。
炊き込みご飯の中にある茶色い小さ粒がむかご(自然薯の種)です。
お芋に似たホクホクした食感がたまらなくおいしかったです。
16年前に東京都桧原村の山奥のユースホステルで初めて食べたことを思い出しました。

むかごごはん

子供のころは自然薯を食べることはあまりなかったですが、年齢を重ねて行くにつれ自然薯のおいしさに気づきました。
これから旬を迎える自然薯を味わってみてはいかがでしょうか?

なお、松野町では「松野ゴールド」のブランド名で販売されています。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

”出張”蔵出しNASSO祭2018

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
1年最後の月12月になりました。
12月になると宇和島ではNASSOの新酒が登場します。

今年もあのイベントが帰ってきました。
蔵出しNASSO祭の始まりです。

幟

でも、いつもと違う雰囲気ですね。
そう、今年はきさいや広場に出張してきました。
タイトルも
出張 蔵出しNASSO祭
と銘打っての開催です。

NASSOの横断幕

NASSO祭に欠かせないのがコタツです。
今回はきさいや広場のステージの上にセットしました。

こたつ

昨年登場の屋台も登場しています。

屋台

屋台の上にはNASSOがずらり。

NASSOがずらり

企業組合いわまつの兵頭代表のあいさつでスタートです。

兵頭代表あいさつ

会場ではジャズライブもありました。
ジャズのBGMでNASSOを味わうなんて本当に素敵ですね。

ジャズライブ

ステージ上のこたつでもまったりしている人たちが続出です。

こたつでまったり

会場ではいろんなおつまみも販売していました。
砂肝、じゃこ天、おにぎりなどバラエティ豊かなメニューであります。

おつまみ

甘党の私は、NASSOのロールケーキとプリンを味わいました。
NASSOの風味が効いていておいしかったです。

なっそロール

なっそプリン

私もこたつに入ってNASSOを味わいました。
ここから見る風景もなかなかいいものです。

こたつからの風景

17時を過ぎると会場は夜の社交場(?)となります。

夜の会場1

屋台にも多くの人が集まっていました。

夜の会場2

夜の部のスタートは片岡部長のあいさつで幕開けです。

片岡部長あいさつ

そして、乾杯の音頭は兵頭代表です。

兵頭代表による乾杯

最後はお楽しみ抽選会です。
お米、NASSO、前掛けなどたくさんの景品が観客の手にわたっていきました。

福引

今回、初めて岩松を飛び出して、きさいや広場での開催となった蔵出しNASSO祭りですが、岩松とは違った雰囲気で新鮮に感じられました。
来年以降はどう進化していくのか期待したいところです。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

予土県境ものがたり4

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
今年5月にスタートした「予土県境ものがたり」も4回目になりました。

今回は鬼北町と梼原町です。

鬼北町のうち旧日吉村のエリアから梼原町にかけての国道197号、国道440号沿いの風景を紹介します。

案内標識(鬼北町)案内標識(梼原町)

今回のスタート地点は日吉夢産地であります。
柚鬼媛に見送られて(?)出発です。

柚鬼媛

国道197号を走っていきます。
日向谷地区にはいたるところで寒桜が咲き始めていました。
これから年末にかけて見ごろを迎えます。

日向谷の寒桜

急な登り坂を走っていくと、高研山トンネルに到着しました。
県境の長いトンネルを越えたらそこは高知県梼原町です。

高研山トンネル

梼原町に入って更に国道197号を東へ走ります。
国道と並行して流れているのは四万十川の支流の四万川川です。
沈下橋を見つけました。
こちらは仲間(なかいだ)沈下橋です。
この風景本当にいいですね。

仲間沈下橋

梼原町の中心部に入り、国道440号に入ります。
しばらく走ると、三嶋神社の屋根付き橋が見えてきました。
南予地方に点在する屋根付き橋と同様にこの橋も地区のシンボルとなっています。

屋根付き橋(三嶋神社)

梼原町の中心部を貫流するのは四万十川の支流の梼原川です。
ここにも沈下橋が架かっています。
こちらは中古屋(なかこや)沈下橋です。

梼原川の沈下橋

中古屋沈下橋の近くには二本桜があります。
春になれば、下の写真のように紅白の美しい花を咲かせます。
(撮影年月日:平成29年4月15日)

二本桜

鬼北町と梼原町はどちらも自然豊かな山奥でキジの飼育が盛んに行われています。
(左:鬼北町のゆるキャラきじの助、右:国道440号芹川トンネルの入口のレリーフのキジ)

きじの助きじのレリーフ

もちろん、キジを使った料理も味わうことができます。
(左:鬼北町の「でちこんか」のキジ鍋、右:道の駅ゆすはらのキジそば)
どちらも本当においしいです。
一度食べてみることをお勧めします。

キジ鍋キジそば

両町とも、豊かな自然やおいしい料理がたくさんあります。
機会があれば行ってみてはいかがでしょうか?
ただし、この辺りは標高が高いので冬になれば雪が積もることあります。
ドライブの前に天候や道路規制情報を調べておくことが重要です。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報

新内港を練り歩け!きさいやガイヤ!!

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
11月4日、宇和島復興イベントがきさいや広場で開催されました。
名付けて
新内港を練り歩け!きさいやガイヤ!!
です。

ご存じのとおり今年は7月に西日本豪雨で宇和島市は大きな被害を受けました。
そのため、7月のうわじま牛鬼まつりが中止になりました。
しかし、GAIYA ON THE ROADを皆で踊って復興の一助としたいという市民の熱意が実り、このイベントの開催につながりました。

ステージ

ガイヤカーニバルに先立って、元ルクプルの藤田恵美さんのコンサートがありました。
21年前に流行った「ひだまりの詩」を手話を交えて歌ってくれました。

コンサート

子供の部の開会式です。
皆色とりどりの衣装を身に着けて、その時を待っています。

開会式

子供の部がスタートしました。
皆、元気に踊っています。

キッズの部1

今回は新内港の前を練り歩いた後、ステージで披露します。
審査員の前で一生懸命踊っていました。

キッズの部2

午後になって一般の部の開会式が始まりました。
南予地方局も愛媛マンダリンパイレーツの選手と一緒に参加します。

一般の部開会式

鬨の声をあげてスタートです!

時の声

え?ダブルダッチ?
すばらしい縄さばきにちょっと驚きました。

ダブルダッチ

南予地方局の順番がやってきました。
皆練習の成果を存分に出そうと高揚しています。

順番来る

円陣を組んで気合を入れて臨みます。

円陣

皆秋晴れの空の下ですばらしいパフォーマンスを披露してくれました。

南予地方局ガイヤ1

南予地方局ガイヤ2

南予地方局3

審査員席でもエネルギッシュなパフォーマンスを見せてくれました。

ステージ1

南予地方局のパフォーマンスでは太陽も味方してくれました。
太陽の光によって赤Tシャツが一層まぶしく見えました。

ステージ2

それでもエネルギーが有り余っている一部の人は当日連に参加して存分に踊っていました。

当日連

みんなが会場に揃ってもこの元気さは止められない。
それがガイヤカーニバルの魅力でもあります。

まだまだ盛り上がる

そして、表彰式です。

表彰式

今回の新内港を練り歩け!きさいやガイヤ!!では復興にかける宇和島市民の意気込みを感じることができました。
これを契機に復興に向けて一歩ずつでも進んでいくことを願いたいと思います。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

吉田町秋祭り2018

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
11月3日(文化の日)に吉田町で開催された秋祭りを見に行きました。

吉田支所の懸垂幕

吉田町の祭り会場に到着したのは午前10時過ぎ。
既に多くの練車がスタンバイしていました。

練り車勢揃い

お神輿も勢ぞろいです。

お神輿勢揃い

お練り行列が始まりました。
ウヤウヤシクゾロゾロの伝統を守ってお練り行列が進んでいきます。

おねり行列1

おねり行列2

おねり行列3

宝多や牛鬼もウヤウヤシクゾロゾロと進んでいきます。

宝多

牛鬼

昼食時には、練車やお神輿の展示があります。
今年は伊達広場と吉田支所前で展示がありました。

練り車展示

お神輿展示

さあ、午後もウヤウヤシクゾロゾロと進みます。
目指すは桜橋の会場です。

午後のお練り行列1

午後のお練り行列2

桜橋前会場では多くの人がお練り行列を待っていました。
信用金庫前には吉田小学校の児童作成の復興祈願の幟が建てられていました。

桜橋前会場

練車が桜橋を渡っていきました。
多くの歓声に囲まれて進んでいきました。

桜橋を渡るお練り

立間の鹿踊りも披露されました。
多くの観客が優雅な踊りに見入っていました。

鹿踊り

今年の牛鬼はちょっと獰猛です。
練りの後は勢いよく桜橋を渡っていきました。

牛鬼突進

お神輿も興奮冷めやらぬ状態です。

お神輿興奮

桜橋を渡って再び練車が移動し始めました。

練り車移動

練り車再び

お神輿も神社に還る前に最後の力をふりしぼっていました。

お神輿練り

今年も往復はJRの特急を利用しました。
「がんばってます!南予」のフレーズの通り、祭り会場にいた人たちが皆吉田の秋祭りを盛り上げていました。

がんばってます!南予

西日本豪雨からまもなく4ヶ月になります。
今年は多くのイベントが中止になりましたが、この吉田の秋祭りは無事開催されました。
これが復興に向けてのパワーになったことを確信しました。
来年から始まる新しい時代もこの伝統が引き継がれることを期待したいと思います。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報