津島 しらうお&産業まつり2023

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
津島しらうお&産業まつりに行ってきました。

このイベントは新型コロナウィルス感染症のため、3年ぶりの開催になりました。
それだけにこのイベントの再開を待ちわびた多くの人が来ていました。

津島しらうお&産業まつり2023

特にしらうおのおどり食いには開始直後から行列ができていました。

行列

市長あいさつです。

市長挨拶

早速しらうおを味わうことにしました。
まずはしらうおのお吸い物と雑炊です。
食べると体の芯から温まります。

しらうおのお吸い物

しらうおの雑炊

3年ぶりということでしらうおのおどり食いも体験しました。
カップから逃げようとするしらうおもいましたが、ごくりと一気に飲み込んでしまいました。

しらうおのおどり食い

津島地区での郷土料理六宝です。
近年では郷土料理六宝の知名度UPに力を入れています。
宇和島鯛めしと食べ比べてみましょう。

六宝

途中でしらうお漁の様子を見に行きました。
寒さの厳しい中、潮の流れを見ながらしらうおを獲っていきます。

しらうお漁

今回はかごいっぱいのしらうおを見ることはできませんでしたが、網ですくった中に2匹いました。

しらうお

今回の新企画は
六宝早食い競争
であります。
5杯分の六宝をいかに早く食べるかを競います。
苦戦している中学生がいたり、その一方で悠々と食べている大人がいたりとそれぞれ六宝をかきこんでいました。
これも六宝の知名度UPになることでしょう。

六宝早食い競争

午後からは津島牛鬼の練りが披露されました。
祭りの盛り上げに一役買っています。

津島牛鬼1

津島牛鬼2

午後からはお楽しみ抽選会です。
今回も私は商品にあり付けませんでした(最後のもちまきでも復活ならず。)。
過去には増穂米が当たったこともありますが、遠い昔になってしまいました。

お楽しみ抽選会

津島地区の2つの太鼓グループによる演奏です。
下灘権現太鼓と太鼓集団雅です。
どちらもダイナミックな太鼓の響きを聞かせてくれました。

下灘権現太鼓

太鼓集団雅1

太鼓集団雅2

3年ぶりに冬の岩松川の河原に賑わいが戻ってきました。
しらうおの恵みを味わうことができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

以上、こうちゃんたかちゃんでした。
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

愛南牡蠣まつり2023

こんばんは、こうちゃんたかちゃんです。
愛南町で開催された愛南牡蠣まつりに行ってきました。

このイベントは従来の「ぎゅぎゅっと愛南冬の陣」をリニューアルしたイベントであります。
新型コロナウィルス感染症の影響で3年ぶりの開催になりました。

牡蠣まつり

10時のスタート前には既に長蛇の列が!
それだけこのイベントを待ちわびていた人が多かったかがわかります。

人ごみ

実行委員長のあいさつです。
3年ぶりとあって気合が入っています、

あいさつ

さて、3年ぶりのイベントでは私も愛南牡蠣を味わいました。
まずは牡蠣汁。
食べる前から牡蠣の香りが漂ってきました。

牡蠣汁

牡蠣は西洋料理にもよく合います。
今回は牡蠣グラタンと牡蠣のパスタを味わいました。
ホワイトソース、トマトソースとも相性がよくもう文句なしのうまさです。

牡蠣グラタン

牡蠣パスタ

焼き牡蠣と牡蠣飯は残念ながら味わうことができませんでした。
そのかわりに蒸し牡蠣を食べました。
4個も食べて満足、満足でした。

蒸し牡蠣

会場では愛南パエリアのワークショップも開催されていました。
地元小学生が愛南町の食材を使ってパエリアを作ります。
大きなフライパンにオリーブオイルを熱します。

パエリア1

野菜や柑橘をカットしてフライパンで炒めます。

パエリア2

最後に緋扇貝を投入します。

パエリア3

アルミホイルで包んで蒸し焼きにします。

パエリア4

はい、愛南パエリアのできあがり!

パエリア5

我々観客は目で存分に楽しませていただきました。
本当に AINAN-FUL(愛南で満たされた)のパエリアです。

3年ぶりに愛南の牡蠣を味わうイベントを存分に楽しみました。
これからも愛南牡蠣、愛南パエリアの知名度が高くなることを期待したいです。

愛南牡蠣 ブラボー!

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

内子町からの贈り物 1

こんにちは、こうちゃんたかちゃんです。
久しぶりの「贈り物」シリーズです。
今回は「内子町からの贈り物」であります。

内子町では多くの農産物が生産されています。
中でも特筆すべきは
じゃばら
であります。

内子フレッシュパークからり

じゃばらは柑橘の一種であり、南予地方では内子町で主に生産されています。
内子町の道の駅「からり」の店頭にもたくさん並んでいます。

じゃばら

この3連休は道の駅の広場にじゃばらの足湯も用意されました。
私も足を浸しましたが、ポカポカしていていい気持でした。

足湯

じゃばらは、果汁やジャム、ドレッシングなど多くの食品に加工されています。
その中から今日はじゃばらドリンクを買いました。
すっきりしたのど越しでおいしかったです。

じゃばらドリンク

じゃばらの効用としては花粉症の予防があります。
まもなく杉や檜の花粉の飛散シーズンになります。
花粉症で悩んでいる方は積極的にじゃばらを摂ってみてはいかがでしょうか?

以上、こうちゃんたかちゃんでした。

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

2023年卯年スタート

あけましておめでとうございます。
旧年中は多くの方々にアクセスしていただきましてありがとうございました。
新年度も積極的に南予地域の情報発信をしていきます。よろしくお願いします。

こちらは西予市野村町の旧中筋小学校に建てられた大門松です。
高さは20.23メートルあります。

大門松2023

今年の干支は
卯(うさぎ)
であります。
そこで「卯」に関する南予の話題を紹介します。

こちらは野村泉貨紙で作られたうさぎです。
野村泉貨紙は400年以上の歴史を持つ伝統工芸でです。
現在でも多くの和紙製品で使われています。

泉貨紙のうさぎ

そして、忘れてはいけないのが
卯之町駅
であります。

卯之町駅は鉄道駅のなかで唯一名前に「卯」の字がある駅であります。
昨年11月に完成した新駅舎にはうさぎをテーマにした仕掛けが随所にあります。

卯之町駅1

卯年の今年はうさぎのデザインのちょうちんもお目見えしました。

卯之町駅2

今年も南予が飛躍することを願って新年のあいさつといたします。
BY 南予地域活性化支援チーム

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

干支送り@西予市宇和町 2022~2023

今日は12月31日です。
いろいろな出来事があった令和4年も今日で終わりです。

今年も新型コロナウィルスは猛威を振るい続けました。
しかしその一方でうわじま牛鬼まつりなどのイベントが3年ぶりに復活しました。
少しずつ以前の南予の元気さが戻りつつあります。

干支送り会場

今年のブログの締めくくりは西予市宇和町窪地区の干支送り会場です。
今年の干支「寅」から来年の干支「卯」へバトンタッチです。

寅卯

来る令和5年も南予地域が元気になるように頑張っていきます。
BY 南予地域活性化支援チーム

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報